厳選!2歳馬情報局(2019年版)
第3回:シルヴェリオ

 先週からスタートした2歳戦線。1週目から評判馬が圧勝劇を演じるなど、素質ある若駒が早期にデビューする傾向が近年では高まっている。

 おかげで、このあとも話題の良血馬や素質馬が続々とデビュー戦を迎える。栗東トレセンの池添学厩舎に所属するシルヴェリオ(牡2歳/父ハーツクライ)もその1頭。同馬は、6月23日の2歳新馬(阪神・芝1800m)での初陣を予定している。

 シルヴェリオへの注目が集まるのは、やはりその血統背景にある。日本で生まれた兄や姉がGIや重賞で輝かしい実績を残しているわけではないが、その多くが見る者に強烈なインパクトを与える走りを見せてきたからだ。

 その筆頭と言えるのは、シルヴェリオの4歳年上の半兄シルバーステート(牡/父ディープインパクト)。デビュー戦こそ2着に敗れたものの、その後に未勝利、1勝クラス(旧500万下)の特別戦を圧勝し、2歳秋の時点で「来春のクラシック主役候補」とうたわれた。

 その後、3歳になって屈腱炎を発症。クラシック出走どころか、1年以上の休養を余儀なくされてしまったが、4歳春に復帰すると再び圧巻の競馬を披露。2勝クラス(旧1000万下)で驚異の逃げ切り勝ちを見せると、続く3勝クラス(旧1600万下)でもコースレコードタイを記録して快勝した。いずれのレースでも、最後は流す余裕を見せており、その強さには誰もが度肝を抜かれた。

 だがその直後、またも屈腱炎に見舞われてしまう。その結果、5戦4勝という成績を残して、早々に競走生活を終えることに。オープン入りして”これから”というときだっただけに、多くのファンがその引退を惜しんだ。

 シルヴェリオの2つ上の半兄ヘンリーバローズ(牡4歳/父ディープインパクト)もまた、秀逸な走りを見せる1頭だ。2017年にデビューし、新馬戦2着のあと、未勝利戦では後続に4馬身差をつけて完勝した。ただ、同馬もその後に故障。現在は長期休養中の身にある。

 ヘンリーバローズの強さについては、未勝利戦での大差勝ちよりも、2着に終わった新馬戦のほうが”伝説”として語られることが多い。というのも、ヘンリーバローズはこの1戦で、翌年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)を制したワグネリアンと激突。2頭が3着以下を5馬身離してのデットヒートを繰り広げ、わずかハナ差の勝負を演じたからだ。



シルヴェリオの父ハーツクライ

 こうした兄たちの存在によって、多大な期待を持たれているシルヴェリオ。兄たちと違って、父がハーツクライになったことでも関心の目が注がれている。

 最強種牡馬ディープインパクトには及ばないまでも、ハーツクライも種牡馬ランキング上位の常連。ダービー馬ワンアンドオンリーやオークス馬ヌーヴォレコルトをはじめ、クラシックで活躍する馬も多数送り出している。兄姉たちとは違った持ち味が引き出されれば、シルヴェリオもそんな大舞台が目指せるだろう。

 同馬はすでにトレセンに移動し、デビューに向けて調整を行なっている。現時点での陣営の評価について、関西競馬専門紙のトラックマンはこう伝える。

「速いタイムを出し始めた段階ということもあって、まだちょっと力む面があり、フォームがバラバラになりがちなようですね。厩舎スタッフは、『幼さが強いので、ここからじっくりと仕上げていく予定』と話していました。ハーツクライ産駒は、ゆっくり成長していくタイプが多いので、これから徐々に良化していくのではないでしょうか」

 まだ2歳になったばかりの若駒。さすがに未完成の状態ではあるようだが、素質の一端は随所に見られるという。

「普段の走りは非常に綺麗で、そのフォームから素質の高さは十分に感じられるようです。兄たちは脚もとの弱さが懸念されていましたが、シルヴェリオについては、その辺りの心配もないようです。これまでの調整はいたって順調に進んでおり、その点は頼もしい限りかと思います」

 デビュー戦では、クリストフ・ルメール騎手が手綱をとる予定。そこで、有力馬の騎乗が集中しているトップジョッキーを唸らすような走りを見せられれば、先々への楽しみは広がる。 はたして、シルヴェリオは兄たちが挑めなかったクラシックの舞台へと駒を進めることができるのか。まずはその初陣を注視したい。