エルサルバドル戦の予想スタメン。

写真拡大

 エルサルバドル戦前日に行なわれた会見で森保一監督はきっぱりと宣言した。
 
「第1戦(5日のトリニダード・トバゴ戦)からは入れ替えて試合に臨みたいと思っている。戦い方については3バックでスタートしたい」
 
 これまでの親善試合を振り返っても、昨年10月、11月、今年3月と、いずれもメンバーを変えて2試合を戦ってきたから、その言葉を額面どおり受け取っていいだろう。
 
 となれば、GKは権田修一だろう。シュミット・ダニエルはすでにトリニダード・トバゴ戦で先発している。川島永嗣と大迫敬介のふたりは、6月半ばに開幕するコパ・アメリカのメンバーにも選出されており、そこでの出場が予想されているからだ。
 
 3バックに関しては、メンバーを入れ替えるほど人員が揃っていない。すでにトリニダード・トバゴ戦の前に、植田直通がチーム事情のため、メンバーから外れ、エルサルバドル戦前日には槙野智章が負傷のため、途中離脱した。
 

 それゆえ、1戦目から引き続き、3バックの右には冨安健洋、中央には昌子源の起用が予想される。そしてトリニダード・トバゴ戦で畠中槙之輔が務めた3バックの左には、U−22日本代表でもある中山雄太が入るだろう。3バックの左右は、持ち運んでくさびのパスを入れるなど、攻撃の起点となるべき重要なポジション。ボランチもこなす左利きの中山にとって、打って付けのポジションと言えそうだ。
 
 森保監督の言葉に従えば、ボランチは小林祐希と橋本拳人のペアとなるはずだ。プレーメーカーとして欠かせない柴崎岳は、これまで2試合連続して先発出場することがあったが、今回は前述したコパ・アメリカのメンバーにも選ばれているため、さすがに先発することはないだろう。
 
 難しいのが、ウイングバックの人選だ。サイドバックタイプと、ウイングタイプの双方の起用が考えられるからだ。
 
 サイドバックタイプは右の室屋成と、左の山中亮輔。ウイングタイプは右の伊東純也と、左の原口元気。エルサルバドル戦2日前の6対6のトレーニングでは、伊東と原口がアウトサイドに入っていた。
 
 とはいえ、攻撃的なふたりを同時に起用することにリスクはないか。また、シャドーでの出場が考えられていた香川真司が股関節に違和感を覚え、森保監督は「明日の試合には出場できない」と名言。そのため、伊東をシャドーに回すことが考えられるのだ。そこで、右ウイングバックに室屋、左ウイングバックに原口を予想する。
 
 2シャドーは前述の伊東が右で、左に南野拓実が入るだろう。注目の久保建英だが、「デビューの可能性はある。メンバーには確実に入ってくると思うし、そのあとは流れで決めたい」と、途中出場を示唆している。久保もコパ・アメリカのメンバーに入っているため、多くの視線が集まる国内のゲームで先発させず、コパ・アメリカでスタメン起用すればいい。

 ウイングバックと同様に、難しいのが1トップの人選だ。選択肢は大迫勇也、永井謙佑、岡崎慎司の3人。大迫はトリニダード・トバゴ戦で先発しているから、永井か、岡崎ということになるが、初戦でベンチ外になったことから分かるように、おそらく岡崎はコパ・アメリカ要員だと考えられる。
 
 となると、永井になるが、伊東をシャドーで起用した場合、似たような“スピードスター”を同時に起用するだろうか。このチームの攻撃の軸は紛れもなく大迫だ。再び大迫を1トップで起用し、攻撃の形の構築に務めてもおかしくない。
 
 いずれにしてもコパ・アメリカには22歳以下のメンバーが中心で臨むため、このエルサルバドル戦が9月から始まるカタール・ワールドカップ予選の前最後のゲームとなる。多くのメンバーを起用し、3−4−2−1の共通理解を深めたい。
 
取材・文●飯尾篤史(スポーツライター)