Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]より転載:

来年のオリンピックに向けてどんどんグローバル化が進む日本。外国語に苦手意識がある人も多いと思いますが、言葉の壁を乗り越えることはもう難しいことではありません。

クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーンを開始した「Aibuds」は、36ヶ国語に対応したワイヤレスイヤホンタイプの翻訳機。耳にはめ込むだけで、誰とでも母国語で会話を楽しめます。

海外出張や会議などのビジネスシーンはもちろん、音楽も聴けるので海外旅行にも最適です!

マイクを内蔵しているので会話形式で使える

image: machi-ya

Aibudsは話しかけるタイプの翻訳機ではなく、イヤホンタイプ。マイクを内蔵しているので、自然な会話の音声を認識して翻訳してくれます。

image: machi-ya

専用アプリで36ヶ国語の中から言語を設定し、会話の相手と一つずつイヤホンを装着して会話をすると、それぞれの発言が聞き手の言語に翻訳されます。

翻訳スピードが速くストレスがない!

image: machi-ya

およそ2秒から4秒で翻訳してくれるので、タイムラグをあまり感じず会話できます。通訳を介すよりも速くてストレスがないかもしれません。

4時間連続で使用可能

image: machi-ya

Aibudsの専用ケースには充電機能が搭載されています。スタイリッシュなデザインでコンパクトに収納しながら充電することができます。

連続使用時間はおよそ4時間です。

心地よいステレオサウンドも楽しめる

image: machi-ya

イヤホン型のAibudsは音楽を聴くときにも使えます。人間工学技術を用いた設計なので耳へのフィット感は抜群です。Bluetooth5.0に対応しています。

海外からの留学生との会話や外国人観光客が多い場所など、いろいろな場面で役立ちそうです!

「Aibuds」は、現在クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、限定200個が20%オフの19,999円からオーダー可能となっています。詳細は下のリンクからチェックしてみてください。

>>「Aibuds」の支援はこちらから

Souce: machi-ya