2019年6月1日・2日。BTSは韓国人アーティストとして初めてロンドンのウェンブリー・スタジアムで公演した。フレディ・マーキュリーの生涯を描いたアカデミー賞映画「ボヘミアン・ラプソディ」で、クライマックスのライブ・エイドが行われた場所だ。集まった観客は約12万人。そのなかにわたしもいた。

【写真】この記事の写真(8点)を全部見る

 公演の告知があったのは2月。クイーンが伝説を作ったあのウェンブリーで、ウリバンタン(わたしたちのBTS)がコンサートを!? 行きたい。でも、どうやってチケットを取ったらいいのかわからない。「そこから?」と思われるだろうが、そこから始まるレポである。


ウェンブリー・パーク駅

 当方、ARMY(BTSのファン)歴は1年弱。英語はできない。海外ひとり旅も初めての中年フリーライターだ。たまたまYouTubeで「DOPE」のMVを見たのがはまったきっかけ。楽曲とダンスのかっこよさに引き込まれ、いまだに宿舎で共同生活を送っているという7人組の男の子の仲の良さを知るうちにずぶずぶとのめり込んだ。仕事でセクハラに遭って鬱屈がたまっていたから、癒やしを求めていたのかもしれない。去年日本でバッシングされたときも、国同士の複雑な関係についていろいろ考えはしたけれど熱は冷めなかった。

まずはツイッターで情報収集

 ロンドンで開催されるコンサートにどうしたら行けるのか。まずはツイッターで情報を収集して、Ticketmasterの会員になった。ARMYは巨大なファンダムだから、たいていのことは探せば方法をまとめてくれている人が見つかるのである。英語の説明はGoogle翻訳で調べてなんとなく理解した。人気公演は購入権も席も抽選の日本と違い、早いもの勝ちで好きな席を選んで買えるシステムだ。3月はじめの発売日にサイトにアクセスしたが、6月1日のチケットは購入ページにつながらないまま完売。追加公演の2日のチケットはかろうじて買えた。

 せっかく2日目は確保できたから初日も行きたい。というわけで、もう1枚はStubHubで購入した。ネットオークションで有名なeBay系列のチケット販売会社だ。こちらは日本語のサポートがある。売り手が個人だからか、チケットがなかなか届かず不安だったが、滞在先のホテルに送ってもらうように手配してなんとか間に合った。

 出発を間近に控えたある日。韓国の公式ショップで予約していた「BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF' EUROPE」のDVDが届いた。ウェンブリーに行こうと思い立ったのは会場に特別感があるからだけども、決定打になったのは2018年のロンドン公演をファンカム(ファンが自分のカメラで撮影した動画 ※海外公演は撮影自由なことが多い。ちなみにウェンブリーもコンパクトデジタルカメラまでは持ち込み可)で観たことだ。

メンバー全員の笑顔が見たかった

 メンバーのなかで最年少のジョングクが、直前にケガをして、椅子に座ったままコンサートに出演した。踊れなくてもつとめて明るくふるまっていたのに、アンコールのパフォーマンス中に顔をふせて泣きだしてしまった末っ子の姿が印象に残っていた。今度こそはと思っているはずだから現場で応援したかったのだ。DVDには6人のヒョン(兄)がそれぞれのやりかたでジョングクを支える場面が収録されている。全員の笑顔が見たいとも思った。

 約12時間のフライトを経て公演初日。天気は快晴で、半袖でも暑かった。なにしろ右も左もわからない街なので、早めにホテルを出た。幸いにも大通りを1回曲がるだけで地下鉄の駅にたどり着けた。ガイドブックによればOysterカードというスイカみたいなプリペイドカードが便利らしいが買い方がわからない。Googleで検索しながら20分くらいかけてようやく購入できた。宿泊先があるベイカー・ストリートからスタジアム最寄りのウェンブリー・パークまでは乗換なしで行けた。

 ウェンブリー・パーク駅からスタジアムへ向かう道のあちこちにARMYがいた。ひときわ目立っていたのは、「Boy with Luv」のダンスをカバーしていたグループだ。キャラクターグッズのカチューシャをつけた小学生くらいの女の子から、MVの衣装にそっくりなピンクのスーツを着た大人の女性まで、年齢もファッションもバラバラな人たちがノリノリで踊って、周りで観ているARMYは一緒に歌って盛り上がっていた。

 会場の入り口は自動改札みたいな感じ。チケットをセンサーがあるらしい場所に置いても何も反応しない。近くにスタッフもいないし、困っていたところ、後ろに並んでいた親切なARMYが「向きが逆だよ」とジェスチャーで教えてくれた。

推しが生きて動いているだけでキャパオーバー

 席についたら、流れているMVにあわせて大合唱している人々が。どこから来たかは関係なく韓国語の曲を歌っている。わたしの斜め前に座っていた2人組が突然立ち上がって踊りだしたときは喝采が起こった。ただ歌いたいから歌い、踊りたいから踊っているという感じで、他人の目なんて誰も気にしていないのが心地いい。

 開演時間の19時45分になっても空は明るいままだ。オープニングの「Dionysus」はメインステージの奥のほうで踊るため、わたしがいるサイドのスタンド席からは見えない。美しい白い衣装をまとったBTSがスクリーンに映し出される。7人とも開始早々汗だくだ。ジンは金色だった髪を紫色に染めている。たとえスクリーンでも、ライブのほうが肌の質感など生っぽく見えると感じたのは気のせいだろうか。

 開放感のある野外で力強い歌声とキレッキレのダンスを堪能する。テンションが上がらないわけがない。大体いつもコンサートではこのあたりから記憶がおぼろげになる。推しが生きて動いているだけでオタクにとってはキャパオーバーなのである。

 ダイナミックに水を操るJ-HOPE、空を飛びながら爽やかに歌うジョングク、幻想的なシャボン玉の中から現れるジミン、魔法のように輝くハートを出してみせるRM、ベッドに寝転んで妖艶なV、夕暮れの街を背景に軽やかに踊るSUGA、光のエフェクトの前でじっくり歌い上げるジン……。それぞれのソロステージは凝った演出に引き込まれた。

ファンを最優先するBTSの魅力

 はじめはちょっと硬いようにも見えたメンバーの表情が、ARMYの大歓声を聞いているうちにどんどん柔らかく幸せそうに変わっていく。あっという間に最後のコメント。ジンがフレディ・マーキュリーの「エーオ!」というコールを真似をしてくれてうれしい。どこの国の人間だろうが音楽は分け隔てせずに受け入れる。RMの“We ,and you guys,just broke the wall”という言葉に実感がこもっていた。いつしか日は落ちていて、アミボムの光が星みたいにきれいだった。

 コンサート終了後、SUGAはホテルの部屋でライブ配信を行った。疲れているだろうに、ARMYに話したいことがあったらしい。何よりもファンを最優先していることを行動で示すところはBTSの大きな魅力のひとつだ。

2日目。サプライズは大成功

 そして2日目。前日よりは涼しかった。待ち時間にRMのコメントを思い出し、なけなしのコミュ力と英語力を総動員して知らないARMYに声をかけてみた。友人に教えてもらった“Who is your bias? (あなたの推しは誰?)”を使えて満足。ミャンマーから来たユンギペン(SUGAファン)だった。席は離れていたので途中で別れたが、しばらく楽しくおしゃべりできた。

 両隣の席にいたのは中国のARMYとどこかラテン系の国のARMYだった。ふたりとも連れがいたし挨拶くらいしかしなかったが、開演前のMV上映中にやっていた掛け声が完璧なので思わず「すごい!」と日本語で絶賛したらにっこり笑ってくれた。好きな曲がかかると顔を見合わせてワーキャー騒いだ。

 この日は、アンコール前にサプライズ企画の告知があった。「ARMY SING」のサインがスクリーンにあらわれたら「Young Forever」のサビを合唱しようというものだ。客席は沸いた。BTSの代表作「花様年華」のエピローグを飾り、メンバーの思い入れも強いことで知られている曲だから。

 サプライズの結果は大成功。ARMYの歌声を聞いたジョングクは泣き崩れた。去年のロンドンの悔し泣きとは異なる幸福感に満ちた涙だ。苦悩していたときARMYが「Young Forever」を歌う動画に救われたというジミンも泣いていたし、他のメンバーも目を潤ませていた。泣きやまないジョングクとジミンを慰めるJ-HOPEとVの表情が優しかった。

 ウェンブリーにかぎらず、彼らは一つひとつの公演に全力を尽くす。「Young Forever」の歌詞のように、いつかは終わる青春、今日という時間を音楽によって永遠に忘れられない思い出にするために、走り続けているのだろう。

……と感動しながらホテルに帰り着いたら、さっきまで号泣していたジョングクがライブ配信でなぜか日本のさきいかを食べていた。着替えもせずARMYに心境を伝えてくれるのはありがたいが、さきいかのおかげで笑ってしまう。

 どんなに大きな舞台に立って持ち上げられても、親しみやすさを失わないBTSが大好きだ。これからも追いかけたい。

写真=紫野あみ

(紫野 あみ)