ここ数年、“心のエクササイズ”として注目を集める「マイインドフルネス」。

「瞑想を科学し、マインドフルネスへとガイドするヘッドセット──WIRED FETISH #6」の写真・リンク付きの記事はこちら

なかでも瞑想は、集中力はもちろん、セルフコントロールやストレスコーピングの観点から、グーグルやアップル、フェイスブックといった企業がこぞって社員教育プログラムとして取り入れている。

瞑想と聞くと心理的ハードルを感じるかもしれないが、このヘッドセットを使えばそんな心配も杞憂に終わるだろう。ヘッドセットとシンクさせたスマートフォンからは、心の状態を表したサウンドが流れ、あなたの“いまの状態”をリアルタイムで知らせてくれる。それだけでなく、さらには内蔵されたさまざまなセンサー機能が心と身体の状態を可視化してくれる。

これはまさに、瞑想を気軽に始めるにはうってつけのガジェットといえる。

INTERAXON
MUSE2

この「Muse2」は、瞑想を“科学”し、テクノロジーによってその実現と効率的な実践をサポートしてくれる画期的ツール。メイカーであるInteraXonは、思考制御コンピューティングに特化し、2007年にカナダのトロントで創業。その脳波センシング技術は、米航空宇宙局(NASA)やマサチューセッツ工科大学(MIT)、ハーヴァード大学などの研究機関での採用実績もあるという。
 
ヘッドバンド型の筐体に搭載された7つの脳波(EEG)センサーが瞑想中の脳波を感知し、「アクティヴ」「ノーマル」「カーム」の3段階で評価。Bluetoothで接続されたスマートフォンのイヤフォンにガイド音を再生する。
 
心の状態は天候やノイズなどで表され、心穏やかではない“アクティヴ”なときには嵐のような、そして平静を得られている“カーム”のときには、文字通り穏やかな凪のようなサウンドとなり、常に自らの状態をリアルタイムで知ることができる。
 
このガイド音はレインフォレストやビーチ、シティ、環境音楽など、多彩なモードから選べるのが面白い。心安らかな深い瞑想に到達した際には、小鳥のさえずりを聴くことができるようになる。また専用アプリでは、その動きを数値化して“見る”ことも可能。瞑想スキルのレヴェルやスタイル、目的に合わせたコース設定ができるのもポイントだ。
 
EEGセンサーだけでなく、光学式脈波センサー、パルスオキシメーター、心拍センサー、ジャイロセンサーも備えており、心と身体の状態を総合的に可視化するにはうってつけ。たくさんの電極を貼り付けるようなわずらわしさもなく、いつでもどこでも、気軽に楽しく瞑想を“練習”できるのはメリットだろう。慣れてくればこのツールに頼らずとも、質の高い瞑想が行なえるようになるはずだ。

 
シリーズ:WIRED FETISH

(1)都市と自然をシームレスに往来するために必要な3つのガジェット(2)都市型ワーカーのライフスタイルをサポートする高機能テクノロジーウェア(3)ミニマルな装備でトレイルを走れ。そして眠った野生を取り戻せ!(4)自然の叡智とテクノロジーで、多忙な現代人のリカヴァリーを促すガジェット3選(5)モダナイズドされたクラシカルなガジェットが至福のときへと誘う(6)瞑想を科学し、マインドフルネスへとガイドするヘッドセット