練習前に森保一監督が指示を出す

写真拡大

 9日のキリンチャレンジカップでエルサルバドル代表と対戦する日本代表は7日、宮城県内で初練習を行った。前日6日にトリニダード・トバゴ戦(△0-0)が行われた愛知県から空路で宮城入り。この日の練習にはMF香川真司(ベシクタシュ)とDF槙野智章(浦和)を除く25選手が参加した。

 前日6日の練習を早めに切り上げた香川は左股関節の違和感、槙野は首に張りを訴えたため、ともに別調整となり、グラウンドに姿を見せなかった。2人ともトリニダード・トバゴ戦に出場しておらず、エルサルバドル戦での出場が期待されていたが、試合2日前に別メニューとなり、出場に暗雲が立ち込めてきた。

(取材・文 西山紘平)