FIFA公式ポートレートでの岩渕のワンショット。(C) Getty Images

写真拡大

 フランスで行なわれれる女子ワールドカップの開幕がいよいよ迫ってきた。なでしこジャパンは10日(日本時間11日未明)に初戦のアルゼンチン戦を迎えるが、そんななかFW岩渕真奈が6月6日、自身のインスタグラムを更新。FIFA公式ポートレートの撮影に臨んだことを舞台裏の写真とともに明かしている。

 大会に向けた公式ポートレートは、昨夏のロシア・ワールドカップでも従来のシンプルなキメ顔や笑顔だけにとどまらず、各国代表選手が思い思いのポーズや素を見せた表情などで撮影に臨み、話題となった。

 今回の女子ワールドカップでも、この公式ポートレートの撮影がすでに行なわれていたようで、岩渕がインスタグラムでその撮影の際の写真を3点公開している。1点目は岩渕のほか、ともに撮影に臨んだと思われる中島依美、熊谷紗希、菅澤優衣香との4ショット写真。2点目は熊谷、菅澤とのトリオでの撮影の様子、さらに3点目はソロでの撮影に臨んだ岩渕を、機材に囲まれた引き気味の絵で捉えている。
 
 この投稿に対して、ファンも次のような反応を示している。
「なでしこがんばれぇ!!!ユニホーム来て応援しまーす」
「真奈ちゃん 素敵なポーズで撮れてますよ」
「明日開幕ですね!頑張って」
「初戦楽しみにしてます」
「テレビの前でぶっちー選手のゴール待ってます!!」
「ぶっちー2枚目可愛い3枚目カッコイイ·····」
「ぶっちーゴール決めちゃってー」
「やっぱユニフォーム姿が1番やねー!!!」

 ここ2大会は優勝、準優勝とファイナリストとして、世界にその強さを示してきたなでしこジャパンだが、2016年リオ五輪予選での敗退ショック以降、高倉監督のもとで徐々に世代交代を推し進めてきた。今大会はそうした新世代を融合して大舞台に挑むなか、チームを牽引する立場となった岩渕がいかなるパフォーマンスを見せるのか、注目されるところだ。