日本戦でビッグセーブ連発!フィリップは三刀流!!

写真拡大

キリンチャレンジカップの日本代表戦でビッグセーブを連発し注目を浴びたのがトリニダード・トバゴ代表のGKマーヴィン・フィリップだ。

34歳のベテランは異色のキャリア、そして悲しみを背負った男なのだ。紹介しよう。

元々はストライカー

マーヴィン・フィリップは学生時代のポジションはGKとFW兼任だったのだ。プレゼンテーション・カレッジ・サン・フェルナンドではストライカーとしてチーム内得点王だったという。

一方で、2001年のU-17W杯にはケンワイン・ジョーンズらと共にプレーしジョーンズはDF(まだFWでなかった)、フィリップはGKとしてプレーしていた。

プロではGKとして勝負を決意、スターワールド・ストライカーズ、Wコネクションなど国内リーグを主戦場にプレーしてきた。

トリニダード・トバゴのカンポスと言ってもよいだろう。

クリケットもプレー

フィリップのもう1つの顔がクリケットの選手としての顔だ。一説には代表選手であったという。

息子の死を乗り越えて

代表cap60以上を数える大ベテランのフィリップだが、自身の子供を亡くすという悲劇に見舞われている。

2014年に最初の子供の母親であるアデラ・ヒルを心不全で、同年7月に10カ月の息子マタイが不慮の事故で天国へ旅立った。

一説にはシートベルトなどに首がかかり呼吸困難になったのではないか、と言われているが、1年で2人も近しい人を失い、それを乗り越えてきたのだ。

ベテランになってなお逞しいマーヴィン・フィリップの活躍を今後も期待したい。