「メリー・ポピンズ リターンズ」8分超の本編映像解禁

写真拡大

ディズニーの名作「メリー・ポピンズ」の20年後を描いた続編ミュージカル「メリー・ポピンズ リターンズ」のMovieNEXが、6月5日に発売(4,200円/税別)、デジタル配信がスタートした。これを記念して、本編から8分を超えるプレビュー映像が解禁。無料で楽しめるこの映像は、歌にダンスに、アクロバットも盛り込み、「メリー・ポピンズ」の世界観をギュッと凝縮した至極のミュージカルシーンだ。

父が務める銀行で起こったある出来事を、メリー・ポピンズに興奮気味に話すバンクス家の子供たち。話に夢中になるあまり、深い霧の中で道に迷ってしまう。そんなとき、街灯点灯夫のジャックが現れ、「迷った時は小さな火を灯そう」と助けの手を差し伸べる。ジャックに付いて、照らされた灯りを道しるべに進んでいくと、街灯点灯夫の仲間たちが現れ……。

本作の見どころの一つでもある、この「小さな火を灯せ」のミュージカルシーンでは、大勢のダンサーたちと、昨年ハリウッド殿堂入りを果たしたミュージカル界の大スター、リン=マニュエル・ミランダが魅せる、迫力満点のダンスシーンに注目。はしごや自転車を使ったアクロバティックなダンスはまさに圧巻だ。

MovieNEXではリハーサルシーンなどのメイキング映像も楽しむことができ、エミリー・ブラントもこのシーンについて「ダンスは少し怖かったの。30人ものダンサーと踊るんだもの。だから何度も練習した」と、気合十分で臨んだことを語っている。

“人生を楽しむこと”や“人生には不可能なことなどない”など、ちょっとした人生を楽しむヒントをたくさん教えてくれる本作。ちょっと悩んだり、落ち込んだり…そんなときは本作を見て、メリー・ポピンズの魔法にかかってみては?きっと日常をハッピーにするヒントが得られるはず!

MovieNEXやデジタル配信には、製作の舞台裏や本編には収まりきらなかった未公開シーンなどを収録した貴重なボーナス・コンテンツが多数収録(デジタル配信[購入]にも一部収録)。さらに、日本語吹替え版ボイスキャストは、ミュージカル「メリー・ポピンズ」でも主演を務めた平原綾香や声優初挑戦の谷原章介など、豪華キャストが担当しているので、字幕・吹き替えの両方で堪能するのも楽しそうだ。

「メリー・ポピンズ リターンズ」は、MovieNEX(4,200円/税別)、4K UHD MovieNEX(6,000円/税別)、そしてパッケージに特別なアートを使用した、前作「メリー・ポピンズ」とのセット商品「メリー・ポピンズ:2ムービー・コレクション(数量限定)」(8,000円/税別)も同時発売中。デジタル配信中。