冨安(左)、昌子(中央)、畠中(右)が形成した急造3バック。筆者は巧妙にバランスを取っていたと評価する。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 コパ・アメリカ(南米選手権)を控える日本代表に、ふたたび注目が集まっています。今回は水曜日のトリニダード・トバゴ戦について、試合を見た感想を書きたいと思います。
 
 本当は久保建英選手について印象を述べたかったのですが、残念ながらメンバー外。それでも個人的には、東京ヴェルディで同僚だった畠中槙之輔選手が出場していたので、勝手にテンションが上がりました。一気に1年足らずでここまで駆け上がったのですから、素晴らしい成長曲線。ビッグトーナメント直前のタイミングにしてスタメンで出ているのは、なんとも嬉しいかぎりです。
 
 さて試合のほうですが、やはり気になったのはテレビ解説の方と同じく「3バックへのチャレンジ」。この点に重点を置きながら、試合分析をしてみます。大きく分けて、守備と攻撃。それぞれ守備はふたつ、攻撃は3つのポイントを挙げさせてもらいます。
 
 まずは守備から。
 
 ディフェンスラインのコントロールについては、本当に上手くできていたと思います。とくに前半は相手が最終ラインでボール回しをしているとき、中盤のエリアに入ってきたとき、そして相手がバックパスをしたときと、3つのシチュエーションでアップダウンを繰り返し、実にコンパクトな陣形を取っていました。
 
 後半は相手のアバウトなクリアボールから危ない場面が生まれたことで、敵ボールになった際に少しラインを上げ切れない時間帯もありましたが、トリニダード・トバゴの疲れもあって、ゲーム終盤には再度コンパクトさを整えられていました。
 
 DF3人の距離も悪くなく、ときには相手の3枚のフォワードにそれぞれが受け持つ形になりながらも、互いにカバーリングし合えていたので良かったと思います。

 
 ふたつ目は、相手ボール回しに対してしっかり前線と連動できていた点。トリニダード・トバゴのパスワークは正直、距離感が良くなかった。そこを差し引いても日本は上手く高い位置でボールを奪えていましたし、敵のロングボールに対してもカバーが取れていました。
 
 危なげな時間帯もありましたが、相手の疲れで試合が途切れたこともあり、綻びは大きくなりませんでしたね。
 次は、攻撃に関してです。
 
 最初のポイントはセンタリング、クロスからの得点パターン。こちらは相手に体格的な高さと厚みがあったため、単純なクロスを送るだけでは跳ね返されます。どのように工夫してチャンスを作るのか。この点では課題が見られました。ただ、すべてがダメだったわけではありません。
 
 マンチェスター・シティーがよくゴール前で、グラウンダーのクロスを通して足(インサイドキック)でゴールすることがあります。前半は酒井宏樹選手から大迫勇也選手へ、後半は長友佑都選手から大迫選手へ、GKとディフェンスラインの間に速いボールがよく入っていました。中への入り方が良いときには、ゴール前に1枚しか入り切れなくても、チャンスを作れるものです。
 
 問題としては、クロスを入れてズレたとき。他の選手がそれに呼応してアタックできていたかというと、ほとんどのシーンで疎かでした。終盤になって人数を掛けられるようになり、原口元気選手、室屋成選手ら両ウイングバックが積極的に絡むことで、クロスに対してのバリエーションが増えました。やはりそうなると、相手の対応も後手に回っていたように思います。
 
 ふたつ目は、コーナーキック、セットプレーです。
 
 水曜日の試合のようになかなか点が取れない展開では、セットプレーは試合の勝ち負けに大きな影響を与えます。この点では、どちらのチームにとってもチャンスであり、ピンチでもありました。