おととい4日(2019年6月)に福岡市早良区で起こった逆走事故を、防犯カメラ映像など6本の映像を「とくダネ!」が入手、専門家に解析してもらった。

事故現場の手前約900メートル地点では、暴走した銀色の乗用車は普通に走っている。車の流れに乗って、車間距離も保ち、ブレーキランプも光る。交通事故鑑定人の中島博史さんは、「この時点ではごく普通」という。

ところが、そこから250メートル進んだ地点の映像では、車は加速している。軽自動車に接触して、走り去っていくときは時速100キロと推定された。さらに200メートル進むと、走行車線のクルマの車載カメラに、高速で追い越していく小島さんの車が写っていた。センターラインをまたぐように走っている。

さらに150メートル先の反対車線のクルマに接触し、破片が飛び散っるのがぶつけられたクルマの車載カメラに残っていた。最後の映像は、猛スピードで2台の車に突っ込んでいる。

専門家の分析「失神しているか、何らかの視覚障害」

普通に走る最初の映像から2番目の映像の間に、何かが起こったらしい。中島さんは「失神しているか、何らかの視覚障害か、操作ができない状態になったかでしょう」と見る。

司会の小倉智昭「ドアミラーに接触して、あれだけの音がしたら、普通はそこでブレーキを踏みますがね」

宋美玄(医師)「意識がなくなったら、アクセルから足は離れるはずですが。踏み続けていたと見えるのは、どういうことなんでしょうね」

小倉「なんとか究明してほしいですね」