リコーインダストリアルソリューションズは、2018年11月に開発したレーザースキャン方式車載HUD用プロジェクションユニット(レーザーHUD)の世界初の量産化を図るため、鳥取事業所にレーザーHUDの量産ラインを立ち上げると発表しました。

レーザーHUDは、2020年に量産体制を構築し、2021年の出荷予定としています。

HUD(ヘッドアップディスプレイ)は、車速やカーナビなどの情報をフロントウインドウに投影する装備で、最近の新車であれば、愛車に付いているという方も多いかもしれません。

従来のカーナビやメーターよりも、ドライバーの視線移動を減らし、焦点も合わせやすいのが特徴で、運転時の疲労軽減やよそ見による事故のリスクを低減するメリットがあります。さらに、今後は車両に設置された様々なセンサーとの連携によるドライバーへの高度な注意喚起やAR技術の実現も期待されています。

レーザースキャン方式は、TFT方式に比べ、高コントラストで広色域の色表現が可能であり、同じ輝度でもより明るさを感じやすい特性があります。これにより、注意喚起やAR表現の阻害要因であるポストカード(TFT方式のHUDで、主に低照度環境時に見える、画面形状を反映したバックライトの漏れ光)の影響を軽減し、運転状況や人間特性を考慮した独自のアルゴリズムも活用することで、重要な情報を的確に伝達することができます。

同社では、高度化するHUDのニーズに応えるためリコーのレーザー描画技術、車載HUD用途で新たに自社開発した2軸MEMS(Micro Electro Mechanical Systems/微小電気機械システム)スキャナーを用い、レーザーHUDの開発に成功しています。

(塚田勝弘)

リコーインダストリアルソリューションズがレーザースキャン方式のHUDプロジェクションユニットの量産化を決定(http://clicccar.com/2019/06/06/839340/)