『ポケモン ソード・シールド』Directの新映像で見逃しがちな細かい7つの要素

写真拡大

2019年6月5日に『ポケットモンスター ソード・シールド』の新情報が公開されました。ポケモンたちが巨大化して戦う「ダイマックス」や、ガラル地方の新たなポケモンなど気になる要素が盛りだくさんでしたね。

そんな新情報も確かに素晴らしいのですが、実は映像の中には注視しないと気づかなさそうな細かい要素も盛り込まれているのです。今回は影に隠れそうな新情報をまとめた特集記事をお届けします。

◆1.今回もひでんわざはなし?
カラスポケモン「アーマーガア」は空のタクシーの仕事をこなしており、主人公を一度行ったことのある街へ連れて行ってくれるそうです。

つまり、これまでのシリーズの「そらをとぶ」、あるいは昨今であれば「ソラワタリ」のような役割を果たしてくれるということ。しかも捕まえずとも街中にいるようなので、今作もまたひでんわざはないのかも。

◆2.エンカウント方式は場所によって切り替わる?
新たに発表された「ワイルドエリア」では広い場所を自由に移動することができ、さらにポケモンたちの姿も見えています。いわゆるシンボルエンカウント制になっているわけですね。

しかし、草むらで見えないポケモンと出会うランダムエンカウントと思しきシーンもありますし、さらにポケモントレーナーたちがいる道路のマップではポケモンの姿が見えません。ワイルドエリアだけシンボルエンカウントで、他は従来どおりの草むらでランダムエンカウントという仕様の可能性があります。

◆3.自転車で水上を移動している
ワイルドエリアを説明しているシーンでは、水の上を自転車で走っている場面を確認できます。今回の自転車は水陸両用なのかも。

◆4.ダイマックスで変化するワザの仕様はZワザと似ている
ポケモンがダイマックスを行うと、ワザもダイマックスワザに変化します。ワザの変わり方はどうやらZワザに近いらしく、ノーマルわざは「ダイアタック」に、でんきわざは「ダイサンダー」に、かくとうわざは「ダイナックル」に、へんかわざは「ダイウォール」になるようです。

要するに元のわざを参照して、タイプや性質に合わせたわざが選ばれるということの模様。いわばダイマックスは、メガシンカとZワザを併せ持ったような新たなポケモンの能力なのでしょう。

◆5.ジムバトルのカメラはロトムのようなものが撮影している?
今回のジムバトルではダイマックスを使えるということで、まるでサッカースタジアムのように大きな場所で戦うことになります。その際、ドローンのようなカメラが近づいてくるのですが……。よく見ると、ロトムのようなマークがついています(ジムリーダーのそばにも似たようなポケモンらしきものがいます)。

本作ではスマホロトムが冒険の相棒としてついてきてくれるようなので、ジムバトルの際にはドローンにでも変形して撮影も行ってくれるのかも。

◆6.着せ替えシステムが確定
やはり主人公の着せ替えシステムがあると嬉しいですが、どうやら『ポケモン ソード・シールド』にも実装されるようです。今回はマックスレイドバトルという複数のプレイヤーで一緒にバトルする要素があるので、それぞれの見分けをつけるために着せ替えが必須のようですね。

なお、ユニクロのポケモンプリントTシャツコンテスト「UTGP2019」では、大賞作品に輝いたデザインが作中の着せ替えアイテムとして登場することが発表されていました。そのことも含め、着せ替えシステムが存在するのは確定となっています。

◆7.今回の映像に出てくる過去作ポケモンまとめ
最後に、今回の映像で確認できた過去作のポケモンをまとめておきましょう。けっこういろいろなポケモンが出てきてくれるようです。

・アママイコ
・ダゲキ
・キテルグマ
・ソーナンス
・ヒポポタス
・ユキカブリ
・サイドン
・ゴルーグ
・ゴースト
・ヨマワル
・ギャラドス
・プルリル
・バタフリー
・アマカジ
・ヌイコグマ
・バンバドロ
・ガマゲロゲ
・バンギラス
・クレベース
・ルチャブル
・ミロカロス
・ライチュウ
・ニャオニクス
・フライゴン
・リザードン
・スボミー
・ソーナノ
・アゴジムシ
・ギガイアス
・ガーディ
・マーイーカ
・キバゴ
・カビゴン
・キャモメ
・ハガネール
・ウォーグル
・ホルビー
・マニューラ
・ピクシー
・ダグトリオ
・ヌオー