パスワークに受け手と出し手の2点間の関係しか見えてこない弱小トリニダード・トバゴに、ほぼベストの陣容でホーム戦を戦い0−0。日本が押していたからといって、優しい声を掛けるわけにはいかない。しかし、いまこの一戦を終えて、そのだらしない結果より先に、触れなければならないテーマが浮上している。
 
 ズバリ、布陣だ。このトリニダード・トバゴ戦を、森保一監督は、就任以来、採用してきた「4バック」ではなく「3バック」で戦った。予想されたことではあった。来るときが来た、とは正直な感想だ。


ほぼベストメンバーながら、トリニダード・トバゴ戦で無得点に終わった日本代表

 森保監督はサンフレッチェ広島の監督時代、一貫して3−4−2−1を採用していたからだ。その前任監督であるミハイロ・ペトロビッチ(現北海道コンサドーレ札幌監督)が採用していた布陣を継承した格好になるが、代表監督に就任しても森保監督はてっきりこの布陣を使用するのかと思った。

 ところが森保監督は4バックを選択する。なぜ、という疑問はつきまとった。そのあたりに質問が及ぶと「臨機応変」とか「柔軟な対応」などという言葉でかわそうとした。少なくともこちらにはそう見えた。

 森保監督は兼任監督で、東京五輪を目指すチームの監督というもうひとつの肩書きがある。その中核を成す現在のU−22日本代表は、ロシアW杯直後、A代表の活動に先駆けてアジア大会に出場。そこで森保監督は3−4−2−1を採用した。

 U−22代表はその後、森保監督がA代表で多忙になったため、横内昭展コーチが代行監督の任に就いているが、同コーチもまた3−4−2−1を採用している。森保監督と横内コーチは広島でも同様な関係を築いてきた間柄だ。3−4−2−1を選択するのは自然な流れに見える。

 A代表の森保監督だけ、なぜ4バックを採用するのか。

 きたるコパ・アメリカ(6月14日開幕)に参加する日本チームの主体は、主に横内コーチが指揮してきたU−22のメンバーだ。A代表のメンバーは、U−20組でもある久保建英、大迫敬介を加えても9人止まり。融合させる方法を探ろうとしたとき、3−4−2−1は自ずと浮上する最大公約数的なアイデアになる。このトリニダード・トバゴ戦と次のエルサルバドル戦(6月9日)は、そういう意味で、テストを行なうに相応しいタイミングだった。

 なぜこれまで、4バックを採用してきたのか? 

 トリニダード・トバゴ戦後の会見で理由を問われた森保監督は、ようやくこれまでにないコメントを吐いた。「ロシアW杯に西野さんのコーチとして参加してみて、このほう(4−2−3−1)が日本人には合っているのかなと感じた」のだそうだ。

 では、それまで採用してきた3−4−2−1を、森保監督は誰に適したサッカーだと考えているのだろうか。これは人種や国民性とはまったく関係ない問題だ。世界を眺めれば一目瞭然。主義や哲学に関わる問題なのだ。

 試合後の会見でさらに、「3バックか4バック、今後、使用する布陣はどちらが増えそうか」と訊ねられた森保監督はこう答えた。

「現段階では4バックだと思っていますが、これは選手にも話したことですが、3バックにしても4バックにしても、我々がやろうとしている原理原則は変わらないので、そこは必要以上に難しく考えないようにしたいと思っています」

 原理原則は変わらない。必要以上に難しく考えない。これが本心だとすれば困りものだ。3バックか4バックかは、まさに原理原則の問題だからだ。十分こだわった末の選択でなくてはならない。

 もちろん例外はある。3バックとひと口に言っても、さまざまな種類があるからだ。4バックも同様だが、より意味が広範なのは3バックだ。

 68メートルあるピッチの横幅を均等にカバーしようとしたとき、妥当な人数は4人だ。3人では間隔が広すぎる。3バックには、3バックを常時維持できない宿命がある。したがって、普段は3人で、相手が攻め込んできた場合は4人に変化する3バックと、普段は3人で、相手が攻め込んできたら(とくに相手が両サイドを突いてきたら)5人に変化する3バックがある。

 その3バックは5バックにどれほどなりやすいか。5バックに「なりやすい3バック」は守備的サッカーに、「なりにくい3バック」は攻撃的サッカーにカテゴライズされる。後ろで守るサッカーか、高い位置で守るサッカーか。3バックとひと言でいっても、両者には決定的な違いがある。

 ちなみに4バックも同様だ。したがって「3バック」と「4バック」という表面的な言い回しだけで、本来、何かを語ることはできない。

 では、森保式3バックはどうなのか。少なくとも広島時代のそれは守備的だった。3−4−2−1で、相手に攻め込まれると5−2−2−1に変化した。U−22の横内式3バックも同様だ。率直に言えば守備的だ。

 トリニダード・トバゴ戦の3バックはどうだったのか。従来の4−2−3−1の”攻撃的指数”を70とすれば50。感覚的には、人の配置が全体として後方に2割ほど下がった印象だ。

 森保監督は試合後の会見で、その3バックを3−4−「2−1」ではなく3−4−「3」と称した。「2−1」と「3」。この違いは大きい。

「2−1」は、俗に言う「2シャドーとCF」の関係だ。一方の「3」は「両ウイングとCF」。問われているのは、CF以外の2人のポジショニングなのだ。トリニダード・トバゴ戦では中島翔哉(左/アル・ドゥハイル)と堂安律(右/フローニンゲン)。終盤は南野拓実(左/ザルツブルク)と伊東純也(右/ゲンク)がそのポジションを務めたが、シャドー的なのか(閉じるか)、ウイング的なのか(開くか)で、その中身は大きく変わる。

 閉じれば、その下で構える両ウイングバックの長友佑都(左/ガラタサライ)と酒井宏樹(右/マルセイユ)は、両サイドで各1人の状態になるが、開けば両サイドは各2人になる。一方のトリニダード・トバゴは4−3−3だったので、両サイドには各2人ずつ(両SBと両ウイング)いた。

 結論を言えば、森保ジャパンの3バックは3−4−2−1と3−4−3の中間だった。サイドアタッカーの数は、言うなれば1.5人。両サイドでやや数的不利に陥りながらも、個人の能力でそのハンディをカバーした格好だ。しかし、たとえば酒井と堂安(右)で、あるいは長友と中島(左)でコンビネーションプレーを発揮することはなかった。

 相手が強くなれば、その傾向はさらに増すはずだ。長友、酒井のポジションもさらに下がる。相手は両サイドを突いて侵入しようとする。すると5バックになる。後ろに下がって守りを固める守備的サッカーを強いられる。

 高い位置で守る(攻撃的サッカー)か、後ろに下がって守る(守備的サッカー)か。繰り返すが「原理原則は同じ」ではないのだ。正反対なのである。

 森保式3バックと比較したくなるのは、ハビエル・アギーレ式の3バックだ。アギーレジャパンの布陣は、4−3−3と3−4−3の中間型だった。マイボールに転じると、4−3−3のセンターバック2人が大きく開き、両サイドバックがポジションを上げる。と同時に、4−3−3のワンボランチ(当時のアンカー=長谷部誠)が、2人のセンターバックの間に入り3バックを形成する。

 相手ボールになると、今度は両サイドバックが下がり、長谷部がせり上がっていく。4−3−3と3−4−3が局面、局面で入れ替わる可変式の布陣をアギーレは採用していた。それは5バックにならない3バック。森保式より攻撃的であることは明白だった。

 なぜ森保監督は3−4−2−1的な3バックを好むのか。アギーレ的ではなくペトロビッチ的なのか。

「開いて構える両ウイングバックにボールが渡ると、相手の守備体型を散らすことができる」とは、森保監督が語る自らの3バックのメリットだが、そこから先の攻撃は先細りの一途を辿る。相手陣内の深い位置まで進入することができない幅の狭い攻撃になる。

 それは正面から相手ゴールに向かうゴリ押しサッカーだ。森保監督は「スコアは0−0だったがシュートは25本放った」と胸を張ったが、それでも点が入らない理由は、攻撃が非効率的だったからだ。浅く深みに欠けるルートを辿ったからだ。

 後ろに下がり守備を固めるか。高い位置から守備をするプレッシングか。サッカーは歴史的に後者によって進歩してきた経緯がある。プレッシングの進化と、選手の技量アップは、まさに比例の関係にあるのだ。

 日本代表監督には、競技力の向上に貢献するサッカーを演じてほしいものである。