CFで出場した大迫だが、持ち前のポストワークを披露する回数は限られた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[キリンチャレンジカップ]日本0−0トリニダード・トバゴ/6月5日/豊田スタジアム
 
 森保一監督は6月5日のトリニダード・トバゴ戦で、従来の4−4−2システムではなく、就任後初めて3−4−2−1システムを採用した。しかし、最後まで相手の守備ブロックを崩せずにスコアレスドローに終わった。
 
 とりわけ気になったのは、CF大迫勇也を活かし切れなかった点だ。ドイツのブンデスリーガでも通用するほどのパワフルかつしなやかなポストワークが魅力のFWも、周囲とのコンビネーション不足で、その持ち味を発揮できていなかった。
 
 大迫だけではなく、チーム全体の問題だろう。慣れないシステムではどうしても連動性を欠き、CFへのパスルートを確立できていなかった。
 

 大迫の1列後ろのシャドーで先発した堂安律も、システムの変更による難しさを感じていたようだ。以下のように攻撃面を振り返っている。
 
「後ろの選手を増やしている分、前の選手がひとり減っているので、前線3人のコンビネーションが大事になるなと考えていました。パスを入れるところが1か所減っているので、どうしても最後のスルーパスなどは少ないと感じました。ただ僕らがより危険なエリアに入っていけるシーンもありましたし、やろうとしていることは悪くなかったです」
 
 堂安が言うように、3−4−2−1システムでひとつの肝となるのが、1トップ+2シャドーの連係だ。もちろんチームによって方法は異なるものの、最前線の1トップがポストとなり、バイタルエリアで2シャドーが前向きにボールを受けることでビッグチャンスを作るのが、効率的で理想的な崩し方である。
 
 大迫へのパスが少なかったこの日は、シュート25本を打てどもノーゴール。単純なフィニッシュ精度の問題もあるが、CFのポストワークを活かした決定的なチャンスがそれほど多くなかったのも、ひとつの理由である。
 
 実際に60分のシーンなど、中央で大迫がボールを収めて中島や堂安が抜け出した時には、より迫力を持ってエリア内に侵入できていた。それだけに、ややもったいない印象が残る。
 前線へのスルーパスの少なさを感じているのは、3バックの一角で出場した冨安健洋も同じだ。
 
「僕からサコさんへのパスは少なかった。前半の最後のほうに持ち出して入れたくらいしかなかった。相手も消してきていましたし、サイドで数的優位はできていた。中だけがすべてじゃないというところも見せていかないといけないと思うので、ペナルティエリアの角を取った後、数的優位の時にいかに崩すかは課題だと思います」
 

 20歳のDFがそう課題を挙げれば、ボランチでフル出場した柴崎岳も「大事なのは3バックをこれから使っていくのであれば、どのように攻めるのかっていう型のようなものを作っていかないといけない」と、テーマを掲げる。

 今後のテーマは、大迫のポストワークを活かした攻撃パターンの構築だろう。もっとも4−4−2では、絶対的な存在だった大迫を中心とした攻撃は何度も繰り返してきただけに、システムが変わっても、その能力を周囲が活かすのは難しくはないはずだ。柴崎のいう“型”の構築に期待したい。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】トリニダード・トバゴ戦を彩った「美女サポーター」たち