堂安律【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 0-0 トリニダード・トバゴ キリンチャレンジカップ2019】
 
 キリンチャレンジカップ2019の日本代表対トリニダード・トバゴ代表の試合が5日に豊田スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。

 試合後、MF堂安律は「ボールを保持したいっていう狙いで、ボールを保持しながらっていうのは意識しましたし、僕のポジション的には前の選手が1人減っているので、3人の連携、コンビネーションが大事になるなと思って挑みましたけど、狙いとしてるところとかやろうとしてること自体は悪くなかったと思います」とゲームを振り返った。

 堂安は1トップで入ったFW大迫勇也のシャドーとしてMF中島翔哉と共に攻撃の軸となった。「見てる人はどう感じたか分かりませんけど、僕たちはやろうとしてることとトライしようとしてることと、また課題も見つかったので、全然悪くなかったというかね、結果に対してもっとシビアにならないといけない、もっと点を取らなくちゃいけないっていうのも分かりますけど」と得点は挙げられなかったが手応えを持ったようだ。。

 それでも「やっぱ0点っていうのは僕の責任でもあるし、前の選手たちのせいでもあるかなって思ってます」と話す堂安は9日に行われるエルサルバドル代表との試合で得点を挙げる事が出来るだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部