営業終了後、疲れた表情の永作

写真拡大

「お待たせしてしまって申し訳ございません! サービスで大盛りにしますし、ケーキも召し上がってください」

【写真】夫の内藤氏と歩くプライベートの永作博美

 厨房から出てきたお団子ヘアの女性は、額の汗をぬぐいながらそう言って頭を何度も下げた。

 都心のオフィスビル街でランチ時の飲食店が忙しいのは当たり前。5月20日にオープンしたばかりのおしゃれなカフェも例外ではない。カウンターとテーブル、計23席のこぢんまりとした店内は、午後1時を過ぎても満席が続いていた。

「店内はウッディーな内装で、手作り感あるアットホームな雰囲気でした。オープンしたてだからかうまく回せていなかったですね。午後1時に入って、ハンバーグプレートが出てきたのは注文から1時間後(苦笑)。おいしかったからよかったですが…でももっと驚いたのは、頭を下げた店長らしき女性。なんと永作博美さん(48才)だったんです」(客の1人)

 この店は、永作が主演した映画『さいはてにて〜やさしい香りと待ちながら〜』(2015年公開)の舞台となった珈琲店をモチーフに彼女がプロデュース。2015年に原宿の路地裏にオープンし、この5月に移転したばかりだった。

 原宿店では店頭に立つこともあったようだが、厨房に入ることはなかった。移転後は、まるで“ワンオペ状態”だった。

「ホームページではスタッフを募集していましたが、まだ適当なかたが見つかっていないのでしょう。この日は永作さんがずっとひとりで調理していました。すっぴんでキーマカレーの鍋を混ぜている姿は鬼気迫るものがありましたね。ホールスタッフも1人いたけど、まだ不慣れなようで、永作さんがテーブルのお皿まで片づけに出てきていました。

 そんな時にお店にフラッと入ってきた中年男性が“お茶だけしたいってお客さんがいるんだけど…”と永作さんに声を掛けたんですが、彼女は“今はそんな余裕ないでしょ!”とすごい剣幕で…。男性は“おれ、何もできなくてごめんね”とうつむいて帰っていっちゃいました」(前出・客の1人)

 この男性は永作の夫で映像作家の内藤まろ氏(49才)。

 永作は1989年、19才の時に3人組アイドルの『ribbon』で歌手デビュー。女優に転身後はドラマ『週末婚』や『四つの嘘』、映画『人のセックスを笑うな』などの話題作で存在感を見せ、一躍人気女優となった。仕事が順調な一方で、プライベートでは結婚の話が全く出ず、アラフォー女性にとって“負け犬の星“などといわれていたが、2009年、38才で電撃結婚した。

「内藤さんはもともと大手広告代理店勤務で、国内外の広告賞を受賞し、日本のCM界の寵児といわれたクリエイター。独立後も売れっ子で、ルックスは細身のイケメンと評判。永作さんは初婚でしたが内藤さんは3度目とあって、“どこまでもつか”という見方もあったんです。そんな結婚も10年が経ち、今や息子、娘の2児の母ですからね」(テレビ局関係者)

 かつては年に3、4本のドラマや映画、CMと引っ張りだこだったが、2人目を出産した2013年以降は年に1〜2本の出演にとどめていた永作。今後は、このカフェ経営だけに限らず、仕事を増やしていく予定もあるという。

「最近、周囲に“もっと仕事していこうかな”と言い始めているそうです。上の子に続いて、下の子も来年から小学校に上がるタイミングというのもあるのでしょうが、この4月に2億円以上といわれる新築マンションを購入したことも関係あるのかもしれません。永作さん名義で住宅ローンを組んだそうです」(永作の知人)

 夫の“近況”が関係あるという声も。

「このカフェの管理人は夫の内藤さんですが、最近、彼は木造建築士の資格を取得し、映像以外のジャンルにも挑戦しようとしています。まだ動き始めたばかりなので、カフェ運営は永作さんに任せっきりになっているようです。そのぶん彼が自宅で2人の子供の面倒を見ていますから、“主夫”に近いのかもしれませんね」(前出・永作の知人)

 通勤のサラリーマンで行き交う朝、店にやってきた永作に話を聞いた。

──今後も厨房に立つんですか?

「いやいや、最初のうちはバタバタするのでね。忙しいので。すみませんね」

 と、買い物袋いっぱいの荷物を両手に提げて、慌ただしく開店準備に向かった。

 多忙なはずだが、すっぴんの永作の肌は、むき卵のような色白美肌。母、女優、カフェオーナーという三足のわらじを履きこなしていた。

※女性セブン2019年6月20日号