トリニダード・トバゴ戦で3バックを試した森保監督。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

【キリンチャレンジカップ/日本代表0―0トリニダード・トバゴ代表/2019年6月5日/豊田スタジアム】

 日本代表を指揮して15試合目――。森保一監督がトリニダード・トバゴ戦で大きなチャレンジに打って出た。これまで基本布陣としてきた4-4-2(4-2-3-1)ではなく、3−4-2-1(3-4-3)を採用したのだ。

 指揮官にとってはJ1リーグを3度制覇したサンフレッチェ監督時代に重用した代名詞とも言えるシステムだけに、「これまでも1回は試したいと思っていたシステム」だという。それでもここまで4バックを貫いてきた理由を、試合後の記者会見でこう語った。

「(自身が監督を兼任する)U−22代表は引き受けた時から自分がやってきた3バックをベースに、4バックをオプションとしてきた。一方でA代表は、ロシア・ワールドカップでコーチを経験させてもらっていた。西野監督は4バックで作っていたし、選手も4バックのほうが合っていると思いました。自分がチームを引き継いで以降も戦術的にはスムーズにできていたし、急いで次のオプションを作るよりも、まずは4バックでベースを作ろうと思いました」
 
 18年9月の初陣から4か月後にはアジアカップというビッグトーナメントが迫って関係あり、選手が「慣れている」4バックでチーム作りを進めてきた森保監督。そのうえで、このタイミングで3バックを試行したのはなぜなのか?

「次のオプションを試す段階、それが今のタイミングだった。9月から始まるワールドカップ予選に向けて、もう試せる時間がない。選手たちに感覚的に覚えてもらえれば、オプションになると思っていました」

 森保監督はこの新布陣に関して、「これまで我々がやってきた形とは違うので、選手たちは難しい部分が多々あったと思います。それでも守備は大崩れしなかったし、攻撃もゴールがなかったのは残念ですが25本のシュートが打てた。後半は全体的に良くなった」と一定の手応えを得ていた。「現段階では4バックがベース」と語る指揮官だが、長いワールドカップ予選を勝ち抜くうえでは、“オプション”が欲しいのも偽らざる本音だろう。

 招待国として参加する6月14日開幕のコパ・アメリカ2019は、東京五輪世代18名+海外組5名という変則的な編成で、ワールドカップ予選開始前にA代表フルメンバーで戦えるのは6月9日のエルサルバドル戦(ひとめぼれスタジアム宮城)が最後。その事情を考えると、この一戦で再び3バックを試してくる可能性は十分にあるだろう。

【PHOTO】トリニダード・トバゴ戦を彩った「美女サポーター」たち

 

取材・文:白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト編集部)