かつて鹿島でチームメイトだった昌子(3番)と柴崎(7番)。気心の知れたふたりの連係が、後方の安定感をもたらした。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2019]日本 0-0 トリニダード・トバゴ/6月5日/豊田スタジアム

 後半が始まる直前、昌子源と柴崎岳はふたりで何か話しながらピッチに入ってきた。

 トリニダード・トバゴ戦では森保体制下で初めて3-4-2-1システムが採用され、3バックで中央に入った昌子とダブルボランチの一角を務めた柴崎は、最終ラインでのリスクマネジメントについて確認し合っていた。

「最初、けっこう(相手は)前から来るかなと思っていたんですよ。相手は3トップみたいになっていたので、3枚に(日本の最終ラインの)3枚で回すのは難しいから、岳が降りてきて、4対3で回そうかって。そうしたら、相手は来なかった」

 後方で数的同数になれば、ピンチの確率が高まる。そうならないような準備を、後半も継続した。

「後半になったら、もしかしたら来るかもしれないから、そうなったら岳が落ちてね、っていう。その確認ですね」

 いくら前半は相手が前から来なかったらからといって、後半も同じようなシチュエーションになるとは限らない。いざそうなった時に「うわ、どうしよう、じゃなくて、前もって」準備をしておく。「前半同様やったら、俺らはまた3枚で回すからっていう話ですね」。

 試合は0-0のスコアレスドロー。多くのチャンスを作りながら決め切れなかったのは反省材料だが、一方で、慣れない3バックでもしっかりとゼロで抑え、なおかつビルドアップも危なげなくこなした。相手との力量に差があったとはいえ、昌子と柴崎の徹底したリスク管理があったからこそ、後方から安定した戦いができたのだろう。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】トリニダード・トバゴ戦を彩った「美女サポーター」たち