トリニダード・トバゴ代表のデニス・ローレンス監督

写真拡大

[6.5 キリンチャレンジ杯 日本0-0トリニダード・トバゴ 豊田ス]

 日本代表が放ったシュートは25本。決定機は少なめに見積もっても6〜7回はあったが、最後までゴールを割ることはできなかった。試合後会見に出席したトリニダード・トバゴ代表のデニス・ローレンス監督は、スコアレスドローに終わった一戦を満足そうに振り返った。

 かつては英国ウェールズのスウォンジーでプレーしていた元センターバック。203cmの長身がテクニカルエリアでも一際目立っていた指揮官は「深いところで守らざるを得なかった。日本という特別な優れたチームと戦うにあたり、ボールを広範囲で握られてしまった」とリスペクトの言葉を述べつつ、選手たちを手放しで称えた。

「今日のチームにはたいへん誇りを持っている。長い飛行機移動をして日本に来た。テストとしてゴールドカップに向けて準備をするという意味では、しっかりと貴重なことをした。誰か一人の選手の名前を挙げることはできない。全員が自分の能力を遺憾なく発揮してくれた」。長距離移動の影響もあって終盤には負傷者が続出。しかし、堅守は最後まで乱れなかった。

 北中米カリブ海地区のビッグタイトルである『CONCACAFゴールド・カップ』を2週間後に控え、FIFAランク上位の日本を相手に敵地で無失点。「日本チームに押されたが、GKが何度も非常に良いセーブをしてくれた。全体的に満足している」。パナマ、アメリカ、ギアナとのグループリーグに向け、勢いのつくテストマッチとなったようだ。