中島翔哉、スコアレスドローに「反省をしてよりよいプレーをしたい」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2019が5日に行われ、日本代表はトリニダード・トバゴ代表と対戦し、0−0で引き分けた。

 中島翔哉は先発出場を果たし、71分に南野拓実と交代でピッチを後にした。中島は「試合も0点で終わってしまったのですごく悔しいです。サッカーはいろんな状況があると思うので、これからもこれを生かしていきたい」とスコアレスで終わった試合を振り返った。

 また、「個人的にはシュートの練習はずっとしてるので試合でどんどんやっていくことでこれから先につながると思う。今日はチームとしても得点を取れないで終わったので反省をして次よりよいプレーをしたい」と後悔を口にした。

 今回の試合で2シャドーの一角としてプレーしたことについては、「初めてやって分かったこともたくさんある。システムを考えるのは監督でそれをしっかり、その中でそれぞれの特長を出すことが大事。システムが良くなかったとか全くないし、それぞれのシステムにそれぞれの良さがある。この次はもっとやれるし、毎試合よかったことと反省点は必ず出るので、次はより楽しく毎日成長してきたい」と前向きな姿勢を示した。