森保監督、初の3バック起用に手応え「試合をする中、良くなっていた」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2019が5日に行われ、日本代表はトリニダード・トバゴ代表を相手に0−0のドローに終わった。森保一監督は試合後の記者会見に出席し、コメントを残した。

 「令和最初の代表戦」は惜しくもスコアレスドローに終わったが、日本代表は複数の得点シーンを演出。終始攻めの姿勢を見せ続け相手を圧倒する中、決定力に欠けている場面もあり、今後チームとしての成長に期待が寄せられる。

 森保監督は会見の冒頭で「皆様に勝利を届けられなくて申し訳ないです」と謝罪から切り出すも、「たくさんの方に応援を頂いて選手たちもピッチ上で戦うことができました」と感謝の気持ちを述べた。

 今試合で注目が集められた3バックシステムの起用について森保監督は「選手たちにとっても難しい部分は多々あったと思いますが、自分たちで確認しながら試合をしたと思っています」と主体的に動いた選手らを称賛。森保体制に入り初の3バック起用であった。

 試合中の攻撃面に関しては「3−4−3でGKからビルドアップの部分、縦に入れるウィングバックの幅を使う部分、少しずつですけど試合を行うに連れて感覚がよくなっていった」と新システムの攻撃的サッカーに満足している様子が伺えた。

 日本代表は次戦、9日にひとめぼれスタジアム宮城にてエルサルバドル代表と対戦する。