初お披露目された3-4-2-1。槙野は「もっと良くなる」と語る。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2019]日本 0-0 トリニダード・トバゴ/6月5日/豊田スタジアム

 トリニダード・トバゴとの一戦では、森保ジャパンでは初めて3-4-2-1システムが採用された。スコアは0-0。得点できなかったが、無失点には抑えた。
 
 状況に応じて5バック気味となり、隙のないディフェンスで相手の攻撃をシャットアウトしてみせた。一方で、ダブルボランチの一枚が最終ラインに落ちて両ストッパーが左右に広がり、両ウイングバックを押し上げ、4-1-4-1のような形で攻撃に人数をかけ、押し込むような場面はあまりなかった。
 
 3-4-2-1を広島時代や現在の浦和で熟知するDF槙野智章は、この日は出場の機会はなかったが、チームメイトの戦いぶりをどう見ていたのか。
 
「もちろん、いろんな理想があるし、森保さんが(最終ラインを)3枚にしたけど、どこが完成形かもまだ分からない」
 
 3-4-2-1の準備期間として、まだ十分な時間が取れていないこともある。
 
「3枚がもう少し攻撃に参加するとか、ボランチが落ちてサイドを高くするとか、1トップの大迫の周りに2シャドーの選手がもう少しいればってこともある。ただ、まだそこまでやっていないですから。3枚でやっても、3枚は上がるな、という指示だってあるだろうし」
 
 それでも、槙野は「もっと良くなると思う」と展望する。
 
「いろんな特長を持った選手がいますからね。初期の段階としては、すごくできていたと思う。点は取れなかったけど、攻撃のバリエーションはたくさんあった。逆に、いろんな改善点も見えた。伸びしろはありますよ」
 
 会見を終え、スタジアムをあとにする森保監督を強引に引き留めてコメントを求めると、「感覚さえ、ちょっと持ってもらえればいいかなと思います」と丁寧に応じてくれた。
 
 槙野は「もっと要求はあるだろうし」とも語る。3-4-2-1はスタートしたばかり。ただ、戦術の引き出しがまたひとつ増えたのは事実。試合には勝てなかったが、今後のさらなる可能性を示した価値あるドローでもあった。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】トリニダード・トバゴ戦を彩った「美女サポーター」たち