日本代表MF久保建英(FC東京)はベンチ入りしなかった

写真拡大

 日本代表は5日、キリンチャレンジカップのトリニダード・トバゴ戦(豊田ス)に向けたスターティングメンバーを発表した。初招集のMF久保建英(FC東京)とDF中山雄太(ズウォレ)、ロシアW杯以来の復帰となったGK川島永嗣(ストラスブール)とFW岡崎慎司(レスター・シティ)がベンチ入りしなかった。

 国際親善試合ではかつては招集した選手全員をベンチ入りさせるのが一般的だったが、現在はルール上これが許されていない。2018-19シーズン向けの競技規則改正で「国際Aマッチの親善試合では、最大12人の交代要員の氏名を届けることができる」という規定が誕生し、スタメンを含めた登録上限が23人になったためだ。

 ルール改正の目的は「競技性の高い試合に設けられている様々な制約との整合性を保つと共に、テクニカルエリアの座席数不足を防ぐ」こと。このような変更が昨季から行われていたことで、この日、18歳1日を迎えた久保のA代表デビューは試合前の時点でお預けとなった。

<出場メンバー>

[日本代表]

先発

GK 23 シュミット・ダニエル

DF 5 長友佑都

DF 19 酒井宏樹

DF 3 昌子源

DF 22 畠中槙之輔

DF 16 冨安健洋

MF 7 柴崎岳(Cap)

MF 11 中島翔哉

MF 24 守田英正

MF 21 堂安律

FW 15 大迫勇也

控え

GK 12 権田修一

GK 28 大迫敬介

DF 20 槙野智章

DF 4 山中亮輔

DF 2 室屋成

MF 10 香川真司

MF 8 原口元気

MF 25 小林祐希

MF 14 伊東純也

MF 6 橋本拳人

MF 9 南野拓実

FW 13 永井謙佑

監督

森保一