「ちょっと、ほっこりしたお話です」とキャスターの山崎夕貴が取り上げた。先月29日(2019年5月)、東京・池袋駅でICカードの残高が不足し困り果てていた特別支援学校の男子生徒(16)に、そっとお金を手渡した高齢の夫婦がいた。

「長男を助けてくれたお二人にお礼を言いたい」「そんなに心が広い方に出会えた奇跡に感謝するしかないないです」と母親の福田恭子さんはツイッターに投稿し、会える日を待っている。

チャージして戻ってきたらもういなかった

ダウン症の長男は今年(2019年)の春から母親と電車通学しているが、その日は学校が早く終わったため、行き違いになってしまった。持っていたICカードの残りはわずか9円。そのとき、改札の方から見知らぬ夫婦が近づいてきて「困っているなら、これを使って」と1000円札を差し出した。チャージを終えると、もう2人はいなかった。

母親のツイッターに、「ほんと、世の中捨てたものじゃない」「この世の中、悪い人ばかりじゃない」と大きな反響があった。

はたして再会できるだろうか・・・

財布をなくしたと沖縄県の高校生が、見も知らない埼玉県の医師に助けてもらった。2人はSNSやメディアで相手が分かり、再会できた。恭子さんも2人に会えることができるだろうか。

司会の小倉智昭「こんないい話が、これだけニュースに取り上げられるということは、いいニュースがないということなのかな」

デーブ・スペクター(放送プロデューサー)「人類は捨てたものではないと思います。お礼をいわれたいわけでも、返してもらうためでもなく、計算なしでやっているから、感動的です」