木村拓哉がフジ「教場」主演決定も「キムタクはキムタク」から脱せない不安!

写真拡大

 フジテレビが開局60周年記念として来年新春に放送する特別企画ドラマ「教場」で主演を務めることがわかった木村拓哉。警察学校のカリスマ教官という役どころだそうだが、これをさっそく不安視する声が出始めている。

「原作は、作家・長岡弘樹氏の同名人気小説。2夜連続放送とのことで注目が集まりますが、開局記念ドラマといえば、テレビ朝日が“60周年”として5夜連続で放送したV6岡田准一主演の『白い巨塔』があったばかり。そのためネット上では《またジャニーズかよ》との批判が出ているのですが、何よりブーイングが上がっているのが、キムタク自体の起用についてなんです」(夕刊紙記者)

 木村が演じる風間公親は、教官とはいえ極めて冷酷なキャラクター。警察学校では、適正のない生徒については片っ端からふるい落とす、悪役と言っても過言ではない役柄だ。そのため〈キムタクに演じきれるのか?〉〈原作のキャラをぶち壊しそう〉といった指摘が出ているのだ。

「確かに最近のキムタクは、検事やボディーガードなど、演じているのは“正義の味方”ばかりで、それ以前も極端に非情な役は経験がない。今回の出演にあたって一部のインタビューでも『見たことのない、味わったことのない作品になる』と、自分へのプレッシャーとも取れる意気込みを語っていますが、“何をやってもキムタクはキムタク”との酷評を拭いきれるのか、はなはだ疑問と見る向きも多いんです」(前出・夕刊紙記者)

 役者としての限界をさらけ出しコキ下ろされることになるのか。妻や娘にまで何かと風当たりが強いだけにここが正念場かもしれない。