世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第8回:永井雄一郎(3)

 ナイジェリアワールドユースで準優勝を果たした選手たちは日本へ帰国し、サッカー界は大きな盛り上がりの中でシドニー五輪に向けて動き出した。

 ドイツのカールスルーエから浦和レッズに戻った永井雄一郎だが、1999年はチームが低調のままJ2に陥落し、五輪イヤーの2000年はJ2でのスタートになった。永井は、シドニー五輪を戦うU−23日本代表になかなか絡めずにいた。


ワールドユース後について語る永井雄一郎

「俺は、あっさりシドニーの代表から外れました。トルシエはJ2からは呼ばないと言っていたし、自分の調子もまだまだだった。でも、できれば行きたかったですね。自分は97年と99年を経験していたんで、このふたつの世代がミックスしたらどんなサッカーになるんだろう、って興味があったし、それをチームの中で感じてみたかった」

 2001年にチームはJ1に昇格したが、永井が日本代表に招集されることはなかった。

 ナイジェリアでともに戦っていた小野伸二、稲本潤一らは日本代表の中軸としてプレーしていた。彼らの活躍は自然と目や耳に入ってきたが、永井は自分の立ち位置を冷静に見ていた。

「代表に選ばれないのは、自分の能力が足りないだけだから、そこは客観的に見ていました。『なんで俺が入れないんだ』っていうよりも、まだ自分はそこに行けない、っていう感じですね。代表は基本的にチームでレギュラーを獲っている選手が行くわけだから、俺らの年代でレギュラーに定着しているのは単純にすごいなって思っていた。レッズでは、レギュラーを確立するのがすごく難しかったですからね」

 当時の浦和は毎年、強烈なFWを補強していた。2001年はトゥットやアドリアーノ、さらにはエメルソンが加入し、2005年にはロブソン・ポンテ、2006年にはワシントンらが入ってきた。

「レッズは毎年、最強の助っ人が来るんですよ。だから、試合に出るのが大変だった。自分が1年良くても、次のシーズンにはまたすごいのを呼んでくるからね。そうなると、またイチからだし、お金をかけて呼んでいるから彼らを使わないといけない。『じゃあ俺はいらないじゃん』ってなる。レッズでは何年もその繰り返しだった」

 しかし、永井に対する浦和の期待値は非常に大きかった。2003年にはミスターレッズの9番を受け継ぐことになった。誰でも背負える背番号ではない。しかし、永井はチームの期待とは別の感情を抱いていた。

「2002年には7番をつけていたんですけど、岡野(雅行)さんが抜けた後で自分がつけたかったこともあってその番号になったんです。でも、03年にエジムンドがくるから7番を空けなければならない流れになりました。9番は期待してもらっていると実感ができ、ありがたい話でもあったんです。『9番をつけてミスターレッズになれ』と言われたけど、番号を引き継ぐと前任者のイメージとも戦わないといけない。クラブはいろんな負荷をかけてくるな、って思いましたね。そのままレッズは9番で、次に移籍した清水(エスパルス)も9番を用意してくれて……。9番はレッズで終わりにしたかったんですけど(苦笑)」

 永井はレッズを2008年に退団した後、清水、横浜FC、アルテリーヴォ和歌山、ザスパクサツ群馬でプレーし、2018年に神奈川県1部リーグのFIFTY CLUBに移籍した。練習は夜、週に数回というアマチュアのクラブだが、永井はそこでプレーすることの面白さを感じている。

「大きな目標は、今のチームを上のカテゴリーに上げること。自分はプロ契約してもらっているけど、他の選手は仕事を持ちながら週に数回しか練習ができないので、自分の感覚だけでサッカーやっている人が多いんです。そこで自分の経験や知識を通して、『そうなんだ』という違う世界を見せていきたい。今のチームは基本的に個人技のサッカーをしているから、『チームとしてこうやると個人もこう変わるよ』と見せることで個人が変われば、もうひとつ上のレベルの話ができるようになっていく。そうやって、サッカーってこういうものなんだ、ということを体感してレベルアップしてくれるとうれしいですよね」

 永井の発言を聞いていると、指導者になって自分の考えやサッカー観を選手に落とし込んだ方がいいのではないか、とも思う。

「俺は、指導者になりたいわけじゃないんですよ。チーム内にいながら、自分もサッカーを勉強しつつ、その変化も伝えていきたい。サッカーはいつも一緒じゃないから、現状のサッカーを把握する目を持ち、それに適応している選手が長くサッカーをできると思うんです。そのために自分がまず勉強して適応し、チームのみんなにスキルや戦術を落とし込んで、よりよいサッカーを作っていきたいですね」

 永井と同世代の選手たちは、ガンバ大阪の遠藤保仁のようにJ1でプレーしている選手がいる一方で、昨年は小笠原満男が引退した。多くの選手が引退していくなか、永井も昨年にはアキレス腱を切る大ケガを負った。それでも永井はピッチに戻ってきた。

「今、カテゴリー的にはプロとは言えないところでやらせてもらっているけど、年々、自分はサッカーが好きなんだなぁと感じている。だから、好きなサッカーを自分からやめようという発想にはならないですよ。昨年、アキレス腱を切った時も妻はやめると思っていたらしいけど、俺が『続ける』と言ったら『そんなに大きなケガをしているのにやめようと思わないんだ』と言われたんです。そう、やめたいと思わなかった。今年、40歳になって体は昔のように動かないけど、今は今のサッカーを楽しんでいる感じです」

 現実的には、自分のイメージと実際の動きのギャップに苦しむことが増えた。それだけに、Jリーグで活躍している同世代の選手に対しては「すごいな」と単純に思う。プロとしてお金をもらい、責任ある立場でプレーし、若い優秀な選手が多いなかで今も輝いている彼らの姿に、永井は刺激を受けるのだという。

「プラチナ世代とかいろいろ期待された世代があったと思うけど、なかなか結果を出せていない感じですよね。女子サッカーはW杯で優勝したから俺らの記録を抜いたけど、(男子は)俺らの世代を超える選手たちは出てきていない。自分は子供にインパクトを与えられる選手でありつづけたいし、このまま過去の思い出に溺れているわけにはいかない。黄金世代ってスゴいね、って言われるようにやっていかなきゃいけないし、そういう選手じゃないと黄金世代と言ってはいけないと思う」

 永井は凛々しい声で、キッパリとそう言った。


サッカーへの情熱は20年前と変わっていない。photo by Yanagawa Go

 2019年シーズン、永井はプロ22年目を迎える。

 97年のワールドユースで初めて話をした時は鋭い眼光にドキッとしたが、その輝きは今も衰えず、サッカーへの情熱は今の方が熱くたぎっている。

「サッカー人生で考えると、苦しかったことのほうが多かった。ストレスを抱え、苦しい思いがほとんどで、その中で一瞬の光がチラチラ見える程度。だからこそ、その一瞬の光がうれしく感じる。ナイジェリアもそのひとつ。ここまでいろんな経験をできて、いろんな人に出会えたことが自分の財産になっている。よく、何のためにサッカーを続けているのか、って聞かれるけど、サッカーはただ楽しいし、好きだから。それをいつまでも続けていきたいな、って思っています」

(おわり)

永井雄一郎
ながい・ゆういちろう/1979年2月14日生まれ。東京都出身。FIFTY CLUB(神奈川県社会人1部)所属のFW。三菱養和SC→浦和レッズ→カールスルーエ(ドイツ)→浦和→清水エスパルス→横浜FC→アルテリーヴォ和歌山(関西1部)→ザスパクサツ群馬