U22日本、大量6得点で2連勝! 旗手怜央のハットトリックでチリを一蹴!

写真拡大

 第47回トゥーロン国際大会2019・グループステージ第2節が4日に行われ、U−22日本代表はU−22チリ代表と対戦した。

 初戦のイングランド戦で逆転勝利を収めた日本は、試合開始から猛攻を仕掛ける。

 7分、三笘薫が中央突破で抜け出すと、GKとの1対1を制して先制点をマークした。

 12分には相馬が左サイドからグラウンダーのクロスを送ると、ファーサイドで旗手怜央が滑り込みながらゴールに押し込み、2点目を奪った。

 さらに18分、三苫が中央からラストパスを送ると、これを受けた旗手がGKと1対1に。最後は左足で冷静に流し込んで3点目をマークした。

 ところが、35分に岡崎慎がGK山口瑠伊へバックパスを送ると、これが相手に渡ってしまい失点してしまう。

 それでも攻撃の手を緩めない日本は、39分に川井歩のクロスから岩崎悠人がゴールを決めて、リードを再び3点に。前半アディショナルタイムには、旗手のラストパスを受けた岩崎がこの日2点目を奪い、リードをさらに広げた。

 4点リードで後半を迎えると、63分にはバイタルエリアでボールを受けた旗手が鋭いシュートを突き刺し、ハットトリックを記録した。

 試合はこのままタイムアップ。大量6ゴールを奪い2連勝を飾った。日本は7日、グループステージ第3節でU−19ポルトガル代表と対戦する。

【スコア】
U−22日本代表 6−1 U−22チリ代表

【得点者】
1−0 7分 三笘薫(日本)
2−0 12分 旗手怜央(日本)
3−0 18分 旗手怜央(日本)
3−1 35分 アンジェロ・アラオス(チリ)
4−1 39分 岩崎悠人(日本)
5−1 46分 岩崎悠人(日本)
6−1 63分 旗手怜央(日本)

【スターティングメンバー】
日本(3−4−2−1)
山口瑠伊;大南拓磨、岡崎慎、田中駿汰;川井歩、高宇洋、椎橋慧也(64分 松岡大起)、相馬勇紀;三笘薫(80分 伊藤達哉)、岩崎悠人;旗手怜央(70分 小松蓮)