アイロボットジャパンが、ロボット掃除機『ルンバ』の月額制サブスクリプションサービス『ロボットスマートプラン』を2019年6月8日から開始することを発表しました。

2018年には全世界の売上が10億ドルを突破し、出荷数は2500万台を超えてロボット掃除機でシェア1位となっている『ルンバ』。日本でも300万台が出荷されて浸透しつつありますが、全米の世帯普及率が約11%に対して日本では5.1%に留まり、同社の調査によると「従来の掃除機を使いたい」「値段が高い」「キレイに掃除できないと思う」といった理由が障壁になっています。そういった「一歩を踏み出せない人向けにサブスクリプションサービスを開始することにした」(アイロボットジャパン・山田毅氏)といいます。

『ロボットスマートプラン』は、レンタルサービス『Retio(レンティオ)』上で注文可能。契約期間は36ヶ月で、この間は保証と修理が無償。1年間は解約・返品不可ですが、その後は返品できます。契約期間終了後は所有権が契約者になるので、気に入れば引き続き使えるのがポイントです。

気になる月額料金は、2019年3月発売で自動ゴミ収集機が導入された最新モデル『ルンバi7+』が3600円(税抜)、ナビゲーションシステム搭載の『ルンバ980』が2800円(税抜)、スタンダードモデルの『ルンバ641』が1200円(税抜)。36ヶ月払う場合、新品の希望小売価格とほぼ同じか、ややお得な額になっています。なお、『Retio』では決済にクレジットカードだけでなく、NP後払い決済や代金引換、銀行振込、Amazon Pay、Apple Payに対応してます。

ちなみに、サービス開始日が6月8日なのは「ルンバの日」だから。時間も午前6時8分からになるとのこと。

Robot Smart Plan(ルンバ公式サイト)
http://irobot-jp.com/robotsmartplan/ [リンク]

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』