なでしこジャパンは、7日開幕のFIFA女子ワールドカップフランス大会前、最後となる国際試合に臨んだ。最終メンバーがそろって初めての試合の相手は、2017年のアルガルベカップで負けているスペイン(●1−2)。当時のなでしこジャパンはチーム戦略が明確になっていなかったが、今回は本大会直前。手応えと自信を得たいところだったけれども、「スイッチの入れどころがなく、ぼんやりとした試合になってしまった」と高倉麻子監督の表情も厳しい1−1の痛み分けに終わった。


86分に、粘りの1点を決めた菅澤優衣香

 確かにスペインのプレスは速く、奪ったあとのつなぎも明確で意思統一がされていた。相手の動き出しから少しでも遅れれば、そこでのボール奪取は不可能になる。日本に不可欠なのは、相手よりも瞬間的に早い判断力だ。その力が出せずにいたのが中盤の選手たちだったように感じた。特に相手はアンカーを置いてくる日本が最も苦手とする布陣なうえに、この日のボランチは、初めてペアを組む市瀬菜々(ベガルタ仙台L)と杉田妃和(ひな/INAC神戸レオネッサ)だった。 

「前からプレスをかける」というのが、この日のチームの入り方として共有されていた。それでもハマらず、前半は日本を上回るスペインのプレスに、中盤の選手は後手に回ってしまった。

 スペイン攻撃時には、アンカーをケアしようとすればするほど、ボランチのポジションが下がり、残った相手中盤2枚は放置されてしまう。今度はそこに狙いを絞ってみると、次の瞬間にはサイドを使われてしまい、何が正解かを懸命に探り続けていた。

 ただ、目線を最終ラインに向けてみると、それほど焦りはない様子だった。相手に合わせて左右サイドのパスコースの切り方を”中切り”、”外切り”と使い分け、90分間を通して比較的安定した守備を見せていた。1失点は入ってきたクロスを競ろうとした市瀬のハンドを取られてPKという事故による失点だ。問題はPKを取られたことではなく、その前の展開であるクロスを上げさせないポジション、サイドに散らせないコース切りにある。そこに至るまでのズレがツケとなってPKにつながった。

「安全にと思うあまり、自分で苦しくしてしまった」と悔やむのは市瀬。自分のやるべきプレーへの準備が追いつかなくなると、なでしこではセンターバックとしても強度がある市瀬もボールの奪い合いで時折ふっとばされていた。また、ボールを奪えたとしても次のパスが不十分となり、流れが途切れてしまうことも多かった。

「パススピードは自分の課題でもあって……、速いパスや左右どちらで蹴るのか、もっとこだわったらつなげられたところもあった。縦パスやサイドチェンジでもっとリズムを作らないとダメですね」と攻撃面での課題を口にした。

 そんな市瀬の相棒となった杉田は、90分間の中でこんな分析と対応を続けていた。

「最初、自分の周りのボールを奪われることもあったけど、この置き方をすると(相手の)足が届いちゃうんだなっていう感覚がわかってきた」

 また、前半は杉田からパスを受けられる位置に顔を出していたFWの横山久美(AC長野パルセイロL)にボールを預けようにも、判断スピードが上がっていないなかでは、ボールが横山のもとへ到達する前に相手に囲まれてしまったことは一度や二度ではなかった。こうなると横山も前を向くことができず、流れはここで止まってしまった。

 後半に入ると、杉田のパスに変化が現れた。相手をつり出すような味方FWへのパスが増えたのだ。「ボールを持てたとしても、ひとつ早いタイミングで出すことも必要なときがあると感じた」と言い、スペースが生まれた。

 その後、FW菅澤優衣香(浦和レッズL)、MF三浦成美(日テレ・ベレーザ)らが入り、長谷川唯(日テレ・ベレーザ)がトップ下に入ったことで、ようやく日本らしいテンポが見られるようになった。

 現在、日本の中盤は人材不足状態だ。阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)のケガの回復を待ちながら、なんとか厚みを作ろうとしているなか、この試合で新たなボランチの可能性を探った。しかし、市瀬と杉田のコンビはハマり切れず、ボールキープから攻撃への切り替えでは、大きな課題を残した。だが、互いを意識したポジションのバランスなどはスムーズだった。

 ボランチは重要なポジションなだけに、今日明日で形になるものではない。それでもスペインを相手に、感じ取った課題を確実に次で改善するという修正力があれば、これもバリエーションの候補になる。何より、市瀬、杉田ともに世界大会レベルのスピードの中で対応する感覚を一刻も早くモノにしなければ、本大会を戦い抜くのは厳しいだろう。

 いいところもあった。つかみどころのない試合にしないために、選手たちの工夫の末に生まれたのが86分の同点ゴールだ。DF鮫島彩(INAC神戸)のスローインは完璧だった。杉田の相手ディフェンス裏への飛び出すタイミングも絶妙。そして杉田からのラストパスは、中に滑り込んだ菅澤の右足にピタリと合った。

 このゴールが決まるのと決まらないのとでは雲泥の差がある。この時間帯で、誰一人諦めずに集中力を持続して、もぎ取った1点。ここは、どんどん高めていってほしい感覚だ。この試合で課題はさらに増えたが、それでも、アジアカップやアジア大会で苦しみながらも結果を残し、「なんとかしてきた」のが、なでしこジャパンの本領だ。

 この試合を徹底的に分析して、新たな解決策を選手たちは見つけ出すはず。ここから初戦までは1週間。時間との戦いになりそうだ。