中国版ツイッター・微博(ウェイボー)などで3日、ユニクロ店舗に客が殺到して商品を奪い合う様子を収めた動画が大きな注目を集めた。

写真拡大

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)などで3日、ユニクロ店舗に客が殺到して商品を奪い合う様子を収めた動画が大きな注目を集めた。

【その他の写真】

動画には、客らがショッピングモールのオープンと同時にユニクロめがけて猛ダッシュし、我先にと商品を奪い合ったり、マネキンが着ているTシャツをはぎ取ったりする様子が映っており、中には商品をめぐって殴り合いを始める客の姿も。店舗のシャッターが上がり切らないうちにはいつくばって店内に入る客も大勢いたため、シャッターの一部がひしゃげていることも確認できる。

財経網など複数の中国メディアによると、客らの目当てはユニクロとKAWS(カウズ)のコラボTシャツ。KAWSは米ニューヨークで画家やグラフィック・デザイナーとして活動する人物。今年4月には香港で行われたオークションで、ザ・ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』とアニメ『シンプソンズ』のパロディ「THE KAWS ALBUM」が1億1590万香港ドル(約16億円)で落札されたことでも注目を集めた。香港の俳優エディソン・チャン(陳冠希)が熱狂的なファンということで、中国でも人気のアーティストだ。

報道によると、「ユニクロとKAWSのコラボはこれが最後」とのうわさが流れたこともあり、発売日の6月3日に一部のファンや転売目的の客が店に殺到したとみられる。動画を見たネットユーザーからは、「これってそんなにいいの?」「よく分からん」「暇なんだな」「本当に好きなのか、それとも別の目的か」「見ている分には面白いけどな」といった冷ややかな声が多数寄せられている。

なお、ユニクロのある店舗の担当者は「再入荷の予定は今のところない」とし、「KAWSとのコラボは最後か」との質問には「今のところお答えできることはありません」と話した。(翻訳・編集/北田)