【動画】日本代表合宿初日 海外組が豪華ミニゲーム

写真拡大

 日本代表は2日、愛知県内に集合し、5日のトリニダード・トバゴ戦(豊田ス)に向けて合宿を開始した。FW大迫勇也(ブレーメン)はコンディション調整のためグラウンドに姿を見せず、宿舎で別調整。初日のトレーニングには26選手が参加した。

 17歳でA代表に初招集されたMF久保建英(FC東京)も日本代表に初合流。国内組は前日にJリーグの試合があったため軽めの調整だったが、海外組16人に、Jリーグで出番のなかったDF山中亮輔(浦和)を含めた17選手は2対1からのシュート練習や7対7(フリーマン付き)のミニゲームなどで汗を流した。

ミニゲームのチーム分けは以下のとおり。

[黄色ビブス組]

南野拓実(ザルツブルク)

香川真司(ベシクタシュ)

柴崎岳(ヘタフェ)

堂安律(フローニンゲン)

長友佑都(ガラタサライ)

中山雄太(ズウォレ)

冨安健洋(シントトロイデン)

川島永嗣(ストラスブール)

[ビブスなし組]

岡崎慎司(レスター・シティ)

伊東純也(ゲンク)

小林祐希(ヘーレンフェーン)

原口元気(ハノーファー)

酒井宏樹(マルセイユ)

昌子源(トゥールーズ)

山中亮輔(浦和)

権田修一(ポルティモネンセ)

[フリーマン]

中島翔哉(アルドゥハイル)