日本はリヨンで欧州4連覇を達成した熊谷がセンターバックで先発した。(C) Getty Images

写真拡大

 なでしこジャパンは6月2日、同7日に開幕するフランス女子ワールドカップに向けた最後の強化試合となるスペイン女子代表戦に臨んだ。日本時間の20時50分のキックオフで行なわれている。

 試合は立ち上がりからスペインが最終ラインからの安定したビルドアップと前線から鋭い守備の出足で押し込み、たびたび日本ゴールを脅かす。日本は開始から多くの時間を自陣でのプレーに費やすことになった。

 そして22分、日本は自陣に押し込まれると、相手の懐に飛び込んだボランチの市瀬菜々がペナルティエリア内でハンドの反則を取られPKを献上。これを相手10番のジェニファー・エルモソに決められ、日本は先制を許すこととなった。

 その後、日本は徐々に敵陣に押し込む時間を伸ばし、テンポの良い攻撃も出始める。左サイドの長谷川唯や前線の籾木結花、横山久美らを中心にゴールを脅かす。

 しかし、前半は日本の1点ビハインドのまま終了。スペインが1点をリードしてハーフタイムに入った。