練習前に円陣を組む日本代表

写真拡大

 日本サッカー協会は2日、5日のトリニダード・トバゴ戦(豊田ス)と9日のエルサルバドル戦(ひとめS)に臨む日本代表の選手背番号を発表した。

 17歳でA代表に初招集されたMF久保建英(FC東京)は27番に決定。同じく日本代表初選出のGK大迫敬介(広島)は28番、DF中山雄太(ズウォレ)は26番に決まった。

 ロシアW杯以来の代表復帰となったFW岡崎慎司(レスター・シティ)は18番、GK川島永嗣(ストラスブール)は1番。背番号10は3月のキリンチャレンジカップに続いてMF香川真司(ベシクタシュ)が背負い、3月は8番だったMF中島翔哉(アルドゥハイル)は11番に再変更となった。

 コパ・アメリカ(南米選手権)の背番号もすでに発表されており、川島の1番、岡崎の18番、MF柴崎岳(ヘタフェ)の7番、DF冨安健洋(シントトロイデン)の16番は変わらないが、キリンチャレンジカップが28番の大迫敬はコパ・アメリカは23番、26番の中山はコパ・アメリカが3番、11番の中島もコパ・アメリカでは10番を背負い、27番の久保もコパ・アメリカでは21番になる。

▽GK

1 川島永嗣(ストラスブール)

12 権田修一(ポルティモネンセ)

23 シュミット・ダニエル(仙台)

28 大迫敬介(広島)

▽DF

5 長友佑都(ガラタサライ)

20 槙野智章(浦和)

19 酒井宏樹(マルセイユ)

3 昌子源(トゥールーズ)

4 山中亮輔(浦和)

2 室屋成(FC東京)

22 畠中槙之輔(横浜FM)

26 中山雄太(ズウォレ)

16 冨安健洋(シントトロイデン)

▽MF

10 香川真司(ベシクタシュ)

8 原口元気(ハノーファー)

25 小林祐希(ヘーレンフェーン)

7 柴崎岳(ヘタフェ)

14 伊東純也(ゲンク)

6 橋本拳人(FC東京)

11 中島翔哉(アルドゥハイル)

9 南野拓実(ザルツブルク)

24 守田英正(川崎F)

21 堂安律(フローニンゲン)

27 久保建英(FC東京)

▽FW

18 岡崎慎司(レスター・シティ)

13 永井謙佑(FC東京)

15 大迫勇也(ブレーメン)

(取材・文 西山紘平)