【新馬/東京6R】出遅れ一転!モーベットが直線鋭く差し切る 

写真拡大 (全2枚)

 2日、東京競馬場で行われた6R・2歳新馬戦(牝・芝1600m)で1番人気、C.ルメール騎乗、モーベット(牝2・美浦・藤沢和雄)が快勝した。2馬身差の2着に2番人気のロジアイリッシュ(牝2・美浦・国枝栄)、3着にビッククインバイオ(牝2・美浦・牧光二)が入った。勝ちタイムは1:36.9(良)。

【新馬/東京5R】サリオスが直線一気の末脚発揮!デビューV

オルフェーヴル×アイムユアーズ

 スタートで大きく出遅れ場内にため息混じりの観戦が轟いた。モーベットはのんびりゲートを出ていきなり最後方というハンデを背負うも、後方で慌てず騒がず折り合いに専念。勝負どころから大外に持ち出しスパートを開始すると一歩づつ前に詰め寄り終わってみれば2馬身差で差し切りV。このメンバーでは力が違い、嬉しいデビュー勝ちを飾った。

モーベット 1戦1勝
(牝2・美浦・藤沢和雄)
父:オルフェーヴル
母:アイムユアーズ
母父:ファルブラヴ
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム