発泡スチロールのいかだで海へ 家族養うため働くフィリピンの少年

ざっくり言うと

  • フィリピンの13歳の少年は毎週末、漁網に絡まった魚を外す仕事をしている
  • 職場の漁船までは、発泡スチロールでできた「いかだ」を素手でこいで向かう
  • 危険な仕事だが家族を養うため、少年は「やめるわけにはいかない」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x