ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 日本ダービーが終わり、上半期の競馬もいよいよ終盤戦となりますね。今週は、東京競馬場における5週連続GI開催のトリを飾る安田記念(6月2日/東京・芝1600m)です。

 ダービーの翌週ということもあって、例年では”お祭りのあと”といったムードになるのですが、今年はスターホースの参戦で先週からの賑わいが冷めることはありません。見方によっては、ダービー以上に注目の一戦と言えるでしょう。

 話題の中心は、牝馬ながら現役最強の実績を誇るアーモンドアイ(牝4歳)です。昨年は、牝馬三冠を成し遂げると、古馬超一線級と初対戦となったGIジャパンカップ(東京・芝2400m)でも驚異のレコード勝ちを披露。さらに今年も、海外GIのドバイターフ(3月30日/UAE・芝1800m)で見事な勝利を飾って、ただいまGI5連勝中とその勢いはとどまることを知りません。

 昨年のオークスの際にも触れましたが、ロードカナロアの仔とはいえ、折り合いに心配がなく、しかもあの柔らかい走りによって、スタミナのロスも少なく、距離が延びてもまったく不安はありません。要するに、どんな距離でも、どんな展開でも、どの競馬場でも、道中は楽に追走できるため、そこで脚をタメて、驚くほどの決め手を終(しま)いに繰り出せるのでしょう。

 安田記念が行なわれる東京・芝マイルの舞台は、2コーナーのポケットからのスタートなので、スタートしてから3コーナーまではしばらく直線が続きます。そのため、比較的ポジションは取りやすく、さらにコーナー2回のワンターンで、最後の直線も長いため、紛れの少ない実力勝負のコースと言えます。

 そうなると、アーモンドアイが凡走するイメージはまったく沸きませんね。

 もし何かあるとすれば、それは”体調面”ということになります。そもそも間隔を空けてレースを使うことが多い馬。それが人の意思ではなく、馬の体質によるならば、海外遠征帰りの今回だけは、その懸念があるかもしれません。

 ただ、こればかりは当日の気配を見なければわかりません。できることなら、杞憂に終わることを祈っています。そうして、是が非でも万全な状態で出てきてほしいと思っています。

 というのも、完調なアーモンドアイでも負かせるのではないか――そう思っている馬がいるからです。以前から「世代最強馬」と見込んでいるダノンプレミアム(牡4歳)です。

 今回、ついにアーモンドアイとの対決が叶って、本当の「世代最強馬」はどちらなのか、ひとつの結論が出ます。だからこそ、アーモンドアイには絶好の状態で出走してほしいんですよね。

 ダノンプレミアムにとっても、安田記念は最も高いパフォーマンスを繰り出せる舞台と見ています。そう思うと、GII金鯱賞(3月10日/中京・芝2000m)のあと、GI大阪杯(3月31日/阪神・芝2000m)をパスしたことにも合点がいきます。当時は「どうしてだろう?」と思っていましたが、もしかすると”アーモンドアイを破るため”、ここにピークが来るように調整してきたと捉えることができますからね。

 そんな意気込みをひしひしと感じたのは、2週前の日曜日の追い切りです。通常、日曜日に一杯に追うことはほとんどないのですが、この日、ダノンプレミアムは一杯に追って好時計を出したのです。

 これには、調整遅れを間に合わせるため、と考えてしまう方もいるでしょう。しかし、そうした懸念はすぐに打ち消すことができます。なにしろ、この日の栗東CWコースは左回りだったからです。

 2歳秋の重賞や金鯱賞で左回りの適性は実証済みですが、それでもあえて左回りで調教を行なったこと――そこに、安田記念にかける強い熱意を感じたんですよね。

 アーモンドアイとダノンプレミアム。どちらが勝つのか、レースが本当に楽しみです。

 さて、この「2強」対決が話題の中心ではありますが、3連複や3連単、さらにワイド馬券が発売されている今の競馬では、”第三の馬”を探し出すのもひとつの醍醐味です。安田記念では、「2強」と同世代のステルヴィオ(牡4歳)をその候補、すなわち今回の「ヒモ穴馬」として取り上げたいと思います。


「2強」にどこまで迫るか期待されるステルヴィオ

 この馬に関しては、ダービーで大敗したあとの復帰初戦となった、昨秋のGII毎日王冠(東京・芝1800m)の時にも「ヒモ穴馬」としてピックアップしました。当時もお伝えしましたが、クラシック戦線を歩んできた同馬については、もともと「マイラー色が濃いな……」と思っていました。

 ですから、皐月賞(4着。中山・芝2000m)、ダービー(8着。東京・芝2400m)、そして今春の大阪杯(14着)の敗戦も、ある意味で仕方がないと思っています。しかし、1800m以下のレースでは凡走なし。まして、昨年のGIマイルCS(京都・芝1600m)を制していますから、ここでは期待が持てます。

 また、2歳の頃よりも体を大きく増やしている点も好感が持てます。とくに昨秋から今春にかけては、毎日王冠でプラス6kg、マイルCSでプラス10kg、そしてGII中山記念(3着。2月24日/中山・芝1800m)でプラス12kgと、馬体重がトータル30kg近く増加。それでいて凡走がありませんから、それだけたくましく成長しているのだと思います。前走の大阪杯では体を減らしましたが、ここではまた増やしてくれるのではないでしょうか。

 加えて今回は、ダミアン・レーン騎手が鞍上というのも魅力です。

 先週のダービーでは人気を裏切ってしまいましたが、それは仕方がないこと。その際にもお伝えしたとおり、やはりダービーだけは特別なレースなんです。あの独特の雰囲気のなかで、圧倒的な1番人気の馬に騎乗、それも初騎乗となれば、相当なプレッシャーがあったはずですからね。

 それに比べて今回は、かなり気楽な立場。一切気負うことなく、彼本来の巧みな騎乗を見せてくれると思います。ダービーのあとのGII目黒記念(5月26日/東京・芝2500m)でも、鮮やかな手綱さばきでルックトゥワイスを勝利に導きましたしね。 アーモンドアイ、ダノンプレミアムという「2強」に先着するのは、かなり至難なことだと思いますが、どこまで肉薄できるか。密かに楽しみにしています。