いよいよノックアウトラウンドに臨むU-20日本代表。決勝T1回戦の相手は宿敵・韓国に決まった。(C)Getty Images

写真拡大

 世界大会で、若き日韓の精鋭たちが鎬を削る!

 現地時間5月31日、ポーランドで開催されているU-20ワールドカップはグループリーグの全日程を終え、ついにラウンド・オブ16進出チームが決定した。

 すでにB組2位でのベスト16入りを決めていた影山ジャパン。16年ぶり5度目の8強進出を懸けて戦う相手はF組2位だ。金曜日に同組の2試合が行なわれ、アルゼンチン対韓国戦は後者が2−1で勝利して金星を挙げ、南アフリカ対ポルトガル戦は1−1のドローでタイムアップ。この結果により首位がアルゼンチン、2位が韓国に決まり、日本の対戦相手が確定した。

 気になる「3位の上位4チーム」は、ポーランド、ナイジェリア、エクアドル、パナマに決まっている。ラウンド・オブ16の対戦カードは以下の通りだ。

[6月2日]
イタリア対ポーランド
コロンビア対ニュージーランド

[6月3日]
ウルグアイ対エクアドル
ウクライナ対パナマ
セネガル対ナイジェリア
 
[6月4日]
日本対韓国
フランス対アメリカ
アルゼンチン対マリ
 
 日本は韓国戦に勝利すれば、セネガル対ナイジェリア戦の勝者と準々決勝で対峙する。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部