企画展「日本のグラフィックデザイン2019」ポスターやパッケージが東京ミッドタウンに集結、入場無料

写真拡大

企画展「日本のグラフィックデザイン2019」が、東京ミッドタウン・デザインハブにて開催される。期間は2019年6月20日(木)から8月7日(水) まで、入場無料。

「日本のグラフィックデザイン」は、身近な雑貨、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインなど、様々な日本のグラフィックデザインを紹介する企画展。

2019年は会員約3,000名を擁するアジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、1981年より発行を続ける年鑑『Graphic Design in Japan』2019年版の掲載作品から、約300点を実物と映像で展示する。

紹介されるのはたとえば、人気洋菓子店「タルティン」のパッケージデザインや、地下鉄「オオサカ メトロ(Osaka Metro)」のシンボルロゴなど。グラフィックデザイナー佐藤卓の個展「佐藤卓展 MASS」における空間構成や、「デザインあ展」に出品された「概念のへや じかん」にまつわる展示も行う。

【詳細】
東京ミッドタウン・デザインハブ第80回企画展「日本のグラフィックデザイン2019」
会期:2019年6月20日(木)〜8月7日(水) 11:00〜19:00 ※会期中無休
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)
入場:無料

【問い合わせ先】
公益社団法人日本グラフィクデザイナー協会
TEL:03-5770-7509


[写真付きで読む]企画展「日本のグラフィックデザイン2019」ポスターやパッケージが東京ミッドタウンに集結、入場無料

外部サイト

  • 企画展「虫展」東京・赤坂で、虫を“デザインのお手本”とした幼虫の巣の建築作品など
  • コラージュアーティスト・河村康輔“過去最大級”の展覧会、池袋・パルコミュージアムで
  • 「遊びの流儀 遊楽図の系譜」展、サントリー美術館で - “遊び”を辿る絵画や重要文化財のゲーム盤