信号のない交差点で一時停止する車の率を調べたランキングがある。ワーストは栃木だという。JAF(日本自動車連盟)が調査したもので、栃木県の停止率は0.9%で、つまり100台通って1台以下ということだ。以下、マナーが悪いのは広島1.0%、和歌山と三重が1.4%、東京2.1%だ。全国平均は8.6%。

栃木のある交差点に立ってみた。女性見えていても車は全然止まらない。乳母車の女性も延々と横断待ちだ。福田富一・栃木県知事は「信号機があったって、横断歩道が青で歩行者がいるにも関わらず、車が歩行者の前後を無理やり通るとかは日常茶飯事で、栃木はマナーが悪い」というほどなのだ。

栃木県民も「ケチな人が多いと聞いている。止まりたくないんですかね」「横入りさせない感じはある」と話す。

マナーいいのは長野県

ぎゃくに、停止率が高くマナーがいい方のトップ長野県は58.6%で、2台に1台以上が止まってくれる。静岡39.1%、石川26.9%、島根26.5%、鳥取25.6%、愛知22.6%と続く。

 古谷有美アナ「衝撃的なデータですよね」

司会の国分太一「栃木県の県民性って、穏やかな印象もありますよね」

ニュース雑学おじさんの堀尾正明キャスター「ごめんね、という感じで通る」

国分「意識としてどうですか。横断歩道に人がいたら」

神奈川(14.4%)の増田ユリヤ(ジャーナリスト)「あんまりいい数字じゃない。信号が赤でも突っ込んでくるんで怒ってます」

堀尾「愛知なんて6位ですけど、先頃まで死亡事故1位だった」

国分「これを出すと、われわれも意識する。出したほうがいい」