「犬や猫を「ヴィーガン」にしても問題ないのか? ペットの菜食主義を巡る科学的な議論」の写真・リンク付きの記事はこちら

英国のサマセット州に住んでいたブランブル・ヘリテージは、“175歳”まで生きた。彼女の“伝記”を記した作家によれば、ブランブルがこの世を去ったとき、ギネス世界記録には次のように登録されていた。「世界最年長のビッチである」と──。

このブランブルとは、メスのコリー犬である。コリーの平均寿命は14年だが、ブランブルはそれを10年上回る25年も生きた[編註:ここでは犬の生きた年数を7倍することで人間の年齢に換算している]。

それでは、ブランブルの長寿の秘訣はいったい何だったのだろうか? 彼女の育ての親であるアン・ヘリテージによると、それは「ヴィーガン」だったおかげだそうだ。ブランブルは25年間、玄米、レンズ豆、植物性タンパク質、ハーブ類、酵母エキスを食べていたのである。

ブランブルが21世紀初頭にこの世を去って以来、その足跡をたどるペットは増えてきた。飼い主は、アン・ヘリテージがそうであったように、やはりヴィーガンである場合が多い。

アン・ヘリテージの時代と違うのは、ペットの菜食主義を支える産業が生まれたことだろう。彼女はブランブルの食事を手づくりしていたが、最近では飼い主に選択肢がいくつもある。「Wild Earth」「V-dog」「Natural Balance」「Nature’s Recipe」「Evolution」「Halo」──。犬だけではない。猫をはじめ、フェレットや鳥、蛇に至るまで、肉食とされてきたあらゆるペットが、ヴィーガンにされようとしている。

抜け落ちている「科学的」な思考

ヴィーガンを貫く飼い主にとっては、ブランブルの存在は自分たちが真っ当であることの裏付けだ。そして、ヴィーガンペットの世界における英雄でもある。飼っている犬を「虐待している」と非難されるたびに、ブランブルを説得力のある証拠としてもち出すのだ。ご想像のとおり、こうした非難はしょっちゅうなのである。

ブランブルが手にした栄光の陰で、ライスミルクやジャガイモ、パスタを食べていたヴィーガンの子猫が死んでしまったという事実もある。飼い主の食を巡るエートス(生活様式)が、幼いペットの命を奪うというペーソス(悲運)の原因になるのは、確かにとても悲惨だ。だが、ここには科学的な思考が抜け落ちているようにも思える。

獣医が、消化不良を起こしている犬や猫に肉を食べさせないよう勧めることはある。しかし、それ以上のことについてはわかっていない。つまり、動物にとってヴィーガンの食事が健康であるのか不健康であるのかは、はっきりしていないのだ。

「ペットをヴィーガンにすることに関する研究は、あまりありません」。野菜をベースにしたペット食を研究している獣医であるサラ・ドッドはそう話す。また、市販されているヴィーガンのペットフードの大半において、アメリカ飼料検査官協会の最低基準となる「十分な栄養がある」(この水準自体が低い)というラベルは付けられていない。

こうした状況が、世間の善良なる飼い主をどれほど混乱させていることか、ドッドは承知している。ただでさえ、ペットケアに関するフェイクニュースによって飼い主は苦しんでいるのだ。

「ペットの栄養に関するさまざまなグループに参加していますが、誤った情報を修正するだけで1日が過ぎていくのです。“フェイスブック獣医”になったら、フルタイムの仕事をすることになります」とドットは話す。例えば、こんな具合だ。「いいえ。ココナッツオイルとターメリックで、犬の骨折は治せません」

ペットの食を巡って高まる議論

食に関する意識の高い人たちが自分の倫理観を、その違いを理解している気配のない動物にも当てはめようとする傾向は、2000年代初頭にまでさかのぼる。

犬や猫のケアについて執筆するブロガーたちは当時、それまで当たり前だったドライフードをペットに与えることについて懸念を示すようになった。その際によく引用されたのが、ベルギーのペット鍼師の研究事例である。加工食品を食べた犬は、手づくりの食事をとっている犬に比べると長生きしないというものだ。

実際に、ペットフードから重金属などの微量な汚染物質が発見されたこともある。ドッドが話題に触れていたように、フェイスブックのグループなどソーシャルメディア上にペットの飼い主たちは寄り集まり、高級なペットフードのほうが健康にいいのか(これは間違い)、炭水化物を猫に与えても大丈夫なのか(これは議論の余地あり)といった議論を闘わせている。

しかし、ヴィーガンペットの飼い主は、ペットのためだけを考えてグルテンフリーやオーガニックの食品を求めているわけではない。こうした人たちのなかには、環境保護に関心が高い人も多いのだ。

食肉製造が環境に与える影響を見ると、肉食であるペット向けのフードを製造することが、全体の25〜30パーセントを占める。つまり、気候変動に加担する牛4頭のうち1頭は、“ポチ”のために、温室効果ガスのひとつであるメタンガスを含むおならをしていると言えるのだ。

3,600人を超える犬と猫の飼い主を対象に、ペットの食事についてドッドがオンラインで調査したところ、ペットがヴィーガンだと答えたのは約2パーセントだった。しかし、ヴィーガンにしてもよいと考えている人は35パーセントもいたのだ

ヴィーガニズムを取り巻く感情

ペットと人間の境界線は曖昧だ。「ヴィーガンの希望の星」としてInstagramで人気を博す老犬チワワのホッブズは、獣医が処方した非ヴィーガン食にNatural Balance製のヴィーガンウェットフードを組み合わせたものを食べている。

「わたし自身も16年来のヴィーガンであり、これがいちばんのモチヴェイションになっています。究極のことを言えば、できる限り最高のケアと栄養をホッブズに与えたいと考えています。そして、その方法がわたしの倫理観に沿うものであることが理想です」。飼い主のキャサリンはそう話す。

一方で、完全なるヴィーガン食を実現したペットの飼い主も数名いたが、記録が残るインタヴューは断られた。その理由は常に同じで、肉を食べる人やヴィーガン仲間の怒りを買い、追いかけ回されたくないからだ。

ペットを飼うことそのものが倫理に反する、と考えるヴィーガンもいる。このことは、掲示板サイト「reddit」のヴィーガンセクション「r/vegan」を見ればわかるだろう。そこでは、ヴィーガンの蛇を飼うなんておくびにも出せない。蛇を飼うこと自体に非難ごうごうなのだ。

「食はすべてに関係しています」と語るのは、ニューヨーク州立大学オールバニ校心理学部のシドニー・ハイスだ。彼女はヴィーガニズムと菜食主義を研究する博士号を取得する候補に選ばれている。「ヴィーガニズムや菜食主義になるために多大な努力が必要になります。自分と食とのこれまでの関係をがらりと変えることはそれほど大変なことなのです。食は文化であり、家族であるとも言えるでしょう」

敵対心がむき出しにされる理由のひとつは、おそらくここにあるのだろう。とりわけ、ペットフードに対する懸念は、ミレニアル世代の間に強く見られるようだ。ミレニアル世代の多くは、環境保護に強い関心をもつ消費者であり、ヴィーガニズムや菜食主義の割合も高く、ペットを飼う人も多い。そして、これこそが重要なことだが、ペットに対してあたかも「自分の子ども」のように接し、お金をかける人も多いのである。

「動物の権利」との狭間で

自身もヴィーガンのハイスは、ヴィーガン同士の間に生まれる緊張感も目の当たりにしてきた。「ヴィーガンは、ふたつの考えの間で板挟みになっています。わたしたちにとって大切なことは動物の権利です。だから、最高の“ペットの親”になりたいと感じています。一方で、動物由来の食品を拒否するのは、動物の種類によって何か意味のある違いがあるわけではないと考えているからなのです」

ドッドの研究によると、環境に最も配慮され、かつ放し飼いの動物由来のペットフードでさえ、倫理的に容認できないヴィーガンがいることがわかった。

「環境保護を考慮しているとか、人道的な手法を使っていることを強調する企業の宣伝が多いです。しかし、こうした商品であっても、ヴィーガンたちはそれをペットに与えようとは思いません。ペットに必要な栄養を十分に与えられることに加え、地球に優しく倫理的に製造できるかが重要なのです」と、ドッドは語る。

ドッドはまさにこの問題を突き詰めているところだが、いまのところ明白な答えは得られていない。ホッブズの飼い主であるキャサリンは、Instagramにおけるその知名度ゆえに、ヴィーガンの食材を使用していないおやつを宣伝してほしいと、しばしばもちかけられ失望している。「これは絶対に嫌です」。彼女は現実主義ではあるものの、そう主張している。

獣医にわかっていること

ヴィーガンのペットの多くは、獣医によって完全にサポートされ、健康面での指導を受けている。ホッブズも同じだ。「いちばん大切なことは、ホッブズが幸せかどうかなのです。獣医の了解をとったうえで、いつの日かホッブズを完全なヴィーガンにしたいと願っています」とキャサリンは話している。

しかし獣医にわかっているのは、慎重に経過観察しながら、ある特定の植物をベースにした食事を与えると健康によいということだけだ。このため質問を受けても困惑する獣医は多い。

また、ヴィーガンの猫はリスクが高いことがわかっている。猫は基本的には野生の肉食動物であり、犬と比べるとペットとして飼い慣らされた歴史が浅い。野菜からは主要な栄養素をつくり出せないのだ。要するに、狩りで捕まえた獲物からビタミン類やアミノ酸を摂取するように進化してきたのである。

確かに、粉末のサプリメントを猫にあげることもできる。しかし、栄養サプリメントを摂取することと、栄養を体内に吸収することとはまったく別物だ。人がマルチビタミン剤を摂取しても、ただ「高価な尿」が生成されただけという議論を思い出してほしい。

求められる「オープンな話し合い」

総じて言えば、ペットの栄養状態をよくするためには飼い主と獣医とのコミュニケーションが不可欠だ、とドッドは言う。しかし、この問題には多くの感情が絡むことから、オープンに話し合うことがいっそう難しくなっているのが現状といえる。

単純にヴィーガンを嫌う人も多い。ヴィーガンの猫に関する商品「#vegancat」を手がけるジョー・ローガンは、死んだ猫の漫画をプリントしたTシャツを販売している。そこにはこんな意味が込められていた。「ヴィーガンの猫と呼べるのは、死んだ猫だけ。猫を飼っているヴィーガンだなんて、ばかげた猫かぶり(偽善者)だ」

反ヴィーガンのエートスによって、ヴィーガンは知名度が上がるか、自己防衛に向かうか、さもなければ沈黙する。かくしてヴィーガンに飼われるペット、純粋さという意味では最も純粋無垢なペットに、より大きなリスクを与えることになる。

「ペットの食について、オープンで誠実な話し合いが必要です。すべての情報が揃っていなければ、手の差し伸べようもありませんから」とドッドは話す。いいアドヴァイスだ。しかし、ヴィーガンの猫にタウリンのサプリメントを与えるのと同じように、このアドヴァイスはきちんと浸透しない恐れがある。