藤原竜也主演、映画『カイジ ファイナルゲーム』福本伸行オリジナル脚本 - 福士蒼汰・吉田鋼太郎ら参戦

写真拡大

講談社「ヤングマガジン」の大ヒットコミック『カイジ』の映画シリーズ最終章となる『カイジ ファイナルゲーム』が、2020年1月10日(金)より全国東宝系にて公開される。

9年ぶりスクリーンへ、カイジが挑む新たなゲーム

『カイジ』は、自堕落な日々を過ごしていた、借金まみれのダメ人間・伊藤開司(カイジ)が、様々なギャンブルに挑むことで成長を遂げていく物語。1996年より講談社「ヤングマガジン」にて連載が開始され、シリーズ累計発行部数2,100万部を超える大ヒットコミックだ。連載開始から23年たった現在でも「ヤングマガジン」の読者ランキング上位を誇る。

映画シリーズとしては、主演に藤原竜也を迎えて、2009年の第1作目『カイジ 人生逆転ゲーム』、2011年の『カイジ2 人生奪回ゲーム』が公開されている。そして『カイジ ファイナルゲーム』はこれら作品に続く最終章。引き続き藤原竜也主演で、9年ぶりとなる新たなゲームが幕を開ける。

原作者・福本伸行が考案、完全オリジナル脚本

監督は、過去2作でもメガホンを取った佐藤東弥が務め、『カイジ』の強烈な世界観を再びスクリーンに甦らせる。

また、『カイジ』シリーズの象徴といえば「限定ジャンケン」「鉄骨渡り」「Eカード」「沼」などの斬新なゲームだが、最終章では、原作者・福本伸行自らが脚本に携わり、オリジナルストーリーを考案。原作にはない全く新しい4つのオリジナルゲーム「バベルの塔」「最後の審判」「ドリームジャンプ」「ゴールドジャンケン」が登場する。

藤原竜也ほか、福士蒼汰、吉田鋼太郎ら豪華俳優陣

カイジ役、主演は藤原竜也

これまでの『カイジ』シリーズ全作品で主演を務めてきた藤原竜也が、『カイジ ファイナルゲーム』でも主演を務める。藤原は9年ぶりの実写『カイジ』シリーズ公開決定に際して次のようにコメントを寄せた。

「日常ではなかなか経験できない世界を描いていて、日頃抱えている社会に対する想いなどを代弁者のようにスッキリ見せてくれるのが「カイジ」。今回も原作の福本さんの世界観を見事に表現してくれていて、度肝を抜かれました。一般的なレベルの温度での芝居をしていたら「カイジ」の世界では通用しないので、脳みそが疲れて大変でしたが(笑)、新キャストの方々のいろんな才能と交われたのが非常に面白かったです。今回は展開が盛りだくさん。ここまでやっていいのかってぐらいてんこ盛りなので、ぜひ期待して観に来て欲しいです。」

豪華新キャストにも注目

最終章にふさわしい豪華な新キャスト勢にも注目。『BLEACH』『ザ・ファブル』など数多くの作品で注目を集める俳優・福士蒼汰に加えて、新田真剣佑や関水渚ら若手俳優陣も新たな“カイジ・ワールド”の参加者となる。

<新キャスト>
福士蒼汰:総理秘書でゴールドジャンケンを得意とする高倉浩介
関水渚:カイジに協力するヒロイン桐野加奈子
新田真剣佑:大富豪・東郷の秘書・廣瀬湊
吉田鋼太郎:カイジが所属する派遣会社の社長であり、“日本の派遣王”と呼ばれる黒崎義裕
山崎育三郎:高倉の部下・西野佳志
瀬戸利樹:カイジと共に「バベルの塔」に参加する菅原太一

過去作に登場した“カイジファミリー”も再び参戦

新キャストに加えて、今作では過去シリーズに登場した天海祐希、松尾スズキ、生瀬勝久らも登場する。

天海祐希:1作目にも登場した、帝愛グループの幹部・遠藤凛子
松尾スズキ:帝愛地下帝国で囚人たちの“ハンチョウ”大槻太郎。1作目にも登場。
生瀬勝久:2作目で帝愛グループの裏カジノのパチンコ「沼」攻略の協力者として登場した坂崎孝太郎

【作品詳細】
『カイジ ファイナルゲーム』
公開日:2020年1月10日(金)
原作:「カイジ」(福本伸行/講談社ヤンマガKC刊)
キャスト:藤原竜也・福士蒼汰・関水渚・新田真剣佑・吉田鋼太郎
監督:佐藤東弥
脚本:福本伸行 徳永友一
配給:東宝


[写真付きで読む]藤原竜也主演、映画『カイジ ファイナルゲーム』福本伸行オリジナル脚本 - 福士蒼汰・吉田鋼太郎ら参戦

外部サイト

  • 藤原竜也×竹内涼真の映画『太陽は動かない』“映像化不可能”といわれた吉田修一の小説を実写化
  • 映画『今日から俺は!!劇場版』福田雄一×賀来賢人 - 三橋と伊藤のツッパリおバカコンビが再び
  • 映画『ヲタクに恋は難しい』高畑充希×山賢人が腐女子・ゲームヲタクに、福田雄一監督によるラブコメ