おととい29日(2019年5月)にシカゴで行われたメジャーリーグの始球式で、マウンドから女性が投げたボールが球団カメラマンを直撃し、けがはなかったが、カメラマンは次の試合にキャッチャーマスクの完全装備で現れて、話題になっている。

デッドボールを投げたのは球団スタッフのマリー・ルーエさんで、「ボールが手にくっついて離れなかった」のだそうだ。

一茂「以前はスタンドから投げてた」

長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「メジャーリーグは、前はスタンドからボールを投げ入れていたんです。日本をまねしたな」

司会の羽鳥慎一「カメラマンがマスクをしてくるのがおしゃれですね。私も始球式をやって、巨人の坂本選手にあてそうになったことがあります。力が入っちゃって。始球式をやる人は気をつけてください」