30日、環球網は、中国で開かれた国際ユースサッカー大会で韓国代表選手がトロフィーを踏みつけた問題で、韓国国内からも厳しい批判の声が出ていると報じた。

写真拡大

2019年5月30日、環球網は、中国で開かれた国際ユースサッカー大会で韓国代表選手がトロフィーを踏みつけた問題で、韓国国内からも厳しい批判の声が出ていると報じた。

記事は、29日夜、四川省成都市で行われた国際ユース大会「パンダカップ」最終日の試合で中国U-18に勝って優勝を決めた韓国U-18代表の選手が、表彰式の後にピッチ上でトロフィーを片足で踏みつける侮辱行為をしたと紹介。大きな議論を巻き起こし、各方面から厳しい批判や抗議が寄せられる中、30日早朝に韓国U-18代表全員が謝罪を行ったと伝えた。

また、韓国選手の行為に対し、同市サッカー協会が30日午後、韓国代表に授与したトロフィーを回収すると発表したことを紹介している。

そのうえで、韓国の各メディアが「U-18代表の礼儀を欠く姿勢が議論を呼んだ」「国の品格を損なったU-18代表の傲慢」「トロフィーを踏みつけ、小便をするような動作をして公開謝罪に」など批判的な論調で報じたとした。

さらに、韓国メディア以上に韓国のネットユーザーが怒りを爆発させており「同じ韓国人として恥ずかしい」「国の品格をおとしめる売国奴だ」「道徳教育の欠如がモンスターを生んでしまった」「未熟で傲慢(ごうまん)、野蛮な行為。しっかり謝れ」「試合に勝つよりも品性が重要」「トロフィーを踏んだ選手を永久追放せよ」といった厳しいコメントが並んだと伝えている。

一方で、一部では「全員が謝罪する必要はない」「まだ子どもなのだから、必要以上に事を荒立てる必要はない」との声や、「中国人かと思った」という感想も出たとも紹介した。(翻訳・編集/川尻)