老人ホームで91歳男性が「孤独死」 2週間近く放置、腐敗も

ざっくり言うと

  • 兵庫県で22日、老人ホームの自室で死亡している91歳の男性を職員が見つけた
  • 男性は「孤独死」してから2週間ほど経っており、腐敗も進んでいたそう
  • 家族は施設に様子を見るよう伝えていたが、安否確認が不十分だったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング