この試合そのものは、悪い内容ではなかった。試合を攻勢に進めていたのは、間違いなく日本のほうだ。前半にいくつかの決定機を作り出し、それを決めていれば、という試合である。

 結局は勝ち切れず、相手の狙いどおりの引き分けに終わりはしたが、内容と結果が常にイコールになるわけではない以上、そういうこともある。勝てなかったからと、ことさらケチをつけるような試合ではなかった。

 ただし、グループリーグ全体、あるいは大会全体のなかの1試合として、この試合をとらえたとき、違う戦い方(あるいは、試合の使い方、試合に対する考え方、などと言ったほうがいいのかもしれない)があったのではないか。正直、そんな疑問を感じた試合でもある。

 U−20ワールドカップのグループリーグ第3戦が行なわれ、日本はイタリアと0−0で引き分けた。これで1勝2分けの勝ち点5とした日本は、グループ2位で決勝トーナメント進出。「1次リーグ突破が最初の目標だった」(影山雅永監督)というU−20日本代表にとっては、まずは第一関門通過である。


グループリーグ最終戦、日本はイタリアと0−0で引き分けた

 グループリーグ最終戦に臨むにあたり、日本とイタリアの考え方は、対照的だった。

 これまでの2試合を同じ先発メンバーで戦い、2連勝ですでに決勝トーナメント進出を決めていたイタリアは、先発9人を入れ替えた。疲労の蓄積を避けるのに加え、前の試合までに7人もの選手がイエローカードをもらっていたため、累積警告による出場停止となる選手を出さないように、との狙いもあっただろう。

 先発に今大会初出場の選手が6人も含まれていたが、守備重視で慎重に戦い、勝てばもちろん、引き分けでも首位通過。負けたところで2位通過は決まっているのだから、メンバーの入れ替えは常套手段と言っていいだろう。

 その一方で、第1戦から第2戦で先発メンバー3人を入れ替えていた日本は、この試合でも第2戦から4人を入れ替えた。イタリアと違い、戦力をまんべんなく活用しているようにも見えるが、実際は3試合連続で先発した選手が7人。うち4人は、結果的にすべてフル出場している。初戦の後半ロスタイムで交代したMF山田康太を加えれば、実質5人が3試合フル出場したことになる。

 影山監督は「この1試合は、イタリアに勝って、1位で(決勝トーナメントへ)行ってやろうという意識だった」。キャプテンのMF齊藤未月もまた、「監督から話もあったし、自分たちも、(第2戦が終わった時から)そう思っていた」。

 とはいえ、日本も実質的には2試合を終えた時点で、決勝トーナメント進出が決まっていた。イタリアに勝てば1位通過、引き分けなら2位通過。負けたとしても、よほどの大敗でなければ、少なくとも3位での通過はほぼ間違いなかったのである。

「イタリアに勝って1位で行ってやろう」の心意気はあっぱれだが、それがはたして最善策だったのだろうか。

 サッカーという競技が、週1試合のリーグ戦を基本にしていることを考えると、約1カ月間で最大7試合を戦わなければならない今大会は、かなり過酷な日程である。影山監督は「中2日で3試合は、Jリーグでもなかなかない。疲労がないと言えば、ウソになる」と認め、齊藤未もまた、「中2日で3試合は、プロになって初めて」と語る。

 つまり、本当に準決勝や決勝まで勝ち上がろうと思うなら、いかに疲労の蓄積を抑えるか。それが、非常に重要なカギとなる。その意味で言えば、日本は選手をうまく使い回しているとは言い難い。

 そのうえ、これは予測不能なことだったとはいえ、3試合連続で先発出場したFW田川亨介、MF斉藤光毅がこの試合でケガを負い(とくに田川は、筋肉系のケガだ)、次戦の出場が難しくなったことは痛恨だった。

 しかも、山田も含め、3試合連続先発出場した選手のうち、3人が第2戦までにイエローカードをもらっていた。要するに、決勝トーナメント1回戦で出場停止となるリスクも、さして考慮はされていなかったことになる。ふたりの負傷者を出したうえ、累積警告で出場停止となる選手まで出ていたらと思うと、ゾッとする。

 もちろん、外からではチームの内情をうかがい知ることはできない。

 この試合では、MF郷家友太、MF藤本寛也、FW宮代大聖が、試合出場はおろか、試合前のアップにも参加していなかった。影山監督は「先のために今日はスキップさせた。次はOKとは軽々しく言えないが、ケガはよくなっている」と話すにとどめ、彼らの状態について詳しくは明かさなかったが、実際のところ、選手のやりくりは火の車なのかもしれない。

 しかしながら、まだ出場機会がないMF喜田陽や、3試合で出場時間が10分程度のFW原大智なども控えているのだ。「持っているものを1試合ごとに出し、上に勝ち上がりたい」(影山監督)というのなら、このイタリア戦には、もっとゆとりを持って臨んでもよかったのではないだろうか。

 結果的に、よりゆとりのある考え方で試合に臨んだイタリアが、1位通過と主力を休ませることの”二兎”を得た。一方、がむしゃらに臨んだ日本は、1位通過を逃したばかりか、主力をふたりも失った。

 DF菅原由勢が「ワールドカップで負けなしは、選手としてはポジティブなこと。内容もだんだんよくなっている」と語るように、試合内容自体は悪くなく、選手が気分よく決勝トーナメントに向かえるのは救いだが、日本がこの試合で負ったダメージは、決して小さくない。

 次戦の出場に不安を抱える選手が増えるなか、望んでいなかった2位通過が、決勝トーナメント1回戦まで中5日という試合間隔を与えてくれたのは、何とも皮肉な話である(1位通過なら中3日だった)。

 影山監督が「試合ごとにパフォーマンスは上がっている」と話すように、日本の選手たちは非常にいいプレーを見せている。何もできなかったエクアドル戦の前半を思えば、ピッチに立つ様子はすっかり見違えた。他のグループの試合を見ても、突出した力を持つチームはなく、日本も十分に上位進出の可能性があるのではないかと感じられるほどだ。

 しかし、だからこそ、この試合の使い方がもったいなかったように思う。

 イタリア戦を、いい意味での”消化試合”にする余裕があってもよかったのではないだろうか。それは決して結果論ではなく、試合前から感じていた疑問であり、不安である。