東京競馬場での5週連続GI開催もいよいよ最終週。締めくくりは「春のマイル王決定戦」GI安田記念(6月2日/東京・芝1600m)だ。

 目玉は何と言っても、アーモンドアイ(牝4歳)の参戦。昨年は牝馬三冠を達成したあと、GIジャパンカップ(東京・芝2400m)まで制して、文句なしの年度代表馬に輝いた。そして今年も、海外GIドバイターフ(3月30日/UAE・芝1800m)を快勝。すでに歴史的な名馬の域に達したと言える同馬が、ここでは断然の存在とされるのは当然のことだろう。

 さらにもう1頭、注目を浴びているのが、一昨年の2歳王者であるダノンプレミアム(牡4歳)だ。昨年の牡馬クラシックはケガの影響でダービー出走(6着)だけにとどまったが、年明けに復帰すると、重賞2連勝。鮮やかな復活を遂げて、早々にここに標準を絞って調整してきた。

 今年の安田記念は、まさにこの「2強」が中心。馬券的にも、この2頭が抜けた人気になることは間違いない。

 はたして、断然人気のこの「2強」で決着するのか――。

 つい先週も、「断然」と言われたサートゥルナーリアがダービーで4着に沈んだ。誰もが「競馬に絶対はない」ことを、あらためて思い知ったばかりである。そうした状況のなか、日刊スポーツの太田尚樹記者は、”アーモンドアイ磐石”というムードに異を唱える。

「ダービーウィークの木曜日に、取材で東京の芝コースを歩く機会がありました。Cコースとなって、芝の傷んだ部分のほとんどがカバーされていました。それを思えば、ダービーの高速決着も納得できるものでした。

 そうなると、同じCコースで行なわれる安田記念も、馬場への適性が問われることになるでしょう。先週はダービーも含めて、インの前残りが多く、後方から差すのは至難の業でした。いかにアーモンドアイとて、昨春の桜花賞以来というマイル戦で流れに乗れないようなことがあれば、危ういのではないでしょうか」

 思えば、アーモンドアイもサートゥルナーリアと同じロードカナロア産駒。同じ父を持つだけに、今の高速馬場がマイナスに作用しても不思議ではない。

「となれば、やはり穴馬には先行馬を狙ってみたいと思います」

 そう言って、太田記者が名前を挙げたのは、グァンチャーレ(牡7歳)。4年前にこのレースを制したモーリスと同じスクリーンヒーロー産駒だ。


安田記念での大駆けが期待されるグァンチャーレ

「キャリア38戦で1番人気がわずか2回しかないように、グァンチャーレは好走を繰り返しても人気することがなく、”穴党”には重宝されるタイプの馬です。前走のGIIマイラーズC(4月21日/京都・芝1600m)でも、5番人気ながらダノンプレミアムにコンマ2秒差の2着と奮闘しました。

『(ダノンプレミアムを)負かすとしたら、あれしかなかった』(北出成人調教師)と、果敢に逃げを打っての惜敗ですし、2カ月ぶりのレースでもありましたから、その内容は高く評価できます。東京でも4走前に、今回と同じ舞台のオープン特別・キャピタルS(2018年11月24日)を6番人気で勝利。タワーオブロンドン(牡4歳)らを退けており、コース適性という点でも心配はいりません」

 グァンチャーレが重賞で連対したのは、4年前のGIIIシンザン記念(1着)以来。以降、オープン特別で2着が8回と勝ち味に遅かったが、ここ5戦では重賞3戦を含めて2勝、2着1回、3着1回、着外1回と調子を上げている。晩成の血が開花した今、GI戦での躍進にも期待が膨らむ。

 太田記者はもう1頭、昨年2着のアエロリット(牝5歳)を推奨する。

「アメリカ帰りだった前走のGIヴィクトリアマイル(5着。5月12日/東京・芝1600m)は、外寄りの枠だったうえに発馬が今ひとつで、ハナに立つまでにだいぶ脚を使った印象があります。結果、ノームコアのレコード駆けに屈しましたが、この馬も1分30秒台で走破しており、”負けて強し”の内容でした。

 今回は叩き2走目で上積みが見込めますし、菊沢隆徳調教師も『気分よく走れば、バタッとは止まらない』と好走を期待していました。一発あってもおかしくありません」

 ヴィクトリアマイルでは5着に敗れたものの、東京のマイル戦を得意とするアエロリット。昨年の安田記念2着の他に、3歳時にはGINHKマイルCで頂点に立っている。ハマれば、「2強」にとっても脅威の存在になるのではないか。

 一方、現在の高速馬場を踏まえて「当然、各ジョッキーの意識は前になる」と睨み、安田記念の展開をさらに深読みするのは、中日スポーツの大野英樹記者だ。

「(今の東京は)先行馬有利が顕著だと見て、当初はダノンプレミアムに◎を打っていました。しかし、Cコースに替わって2週目。週中の降雨次第では馬場状態に変化が見られるかもしれません。そうなれば、違った波乱の目も出てきます」

 大野記者はそう語って、ハイペースに乗じた差し馬の台頭に目を向ける。とりわけ注目しているのは、「ペルシアンナイト(牡5歳)とモズアスコット(牡5歳)」だと言う。

「ペルシアンナイトは、この春はGII金鯱賞(3月10日/中京・芝2000m)、GI大阪杯(3月31日/阪神・芝2000m)と中距離戦を2度使いましたが、結果は4着、11着と案外でした。

 大阪杯のレース後、鞍上のミルコ・デムーロ騎手は『緩い馬場が合わなかった』と話していましたが、それよりも”行きたがった”ことが敗因。気性的に、やはり中距離では我慢が利かなかったのでしょう。逆を言えば、GIマイルCS(京都・芝1600m)を制したこの距離なら、折り合えるということ。適距離での巻き返しに期待が持てます。

 また、もつれにもつれれば、昨年の覇者モズアスコットにだってチャンスはあります。もともと叩いてからのタイプで、前走のマイラーズCは明らかに”叩き台”といった仕上げでした。馬体は見た目にも太く、そこからしっかり絞れてくるようなら、侮れない存在ですよ」

 昨年末の海外GI香港マイル(12月9日/香港・芝1600m)以来となる、前走マイラーズCでのモズアスコットの馬体重は496kg。昨年、安田記念を勝ったときより14kgも重かった。昨年は連闘で挑んで体を絞ってきたが、ひと叩きしたことで同様に体が絞れれば、9番人気で戴冠を遂げた昨年の再現も十分にあるだろう。 アーモンドアイ、ダノンプレミアムの「2強」を脅かすのは、前に行く馬か、それとも後方から強襲してくる馬か。どちらにせよ、「2強」の一角が崩れるようなことがあれば、またも高配当が生まれることは間違いない。その大役を果たす馬が、ここに挙げた4頭の中にきっといる。