3試合連続でフル出場したDF菅原由勢(名古屋)

写真拡大

[5.29 U-20W杯グループB第3節 U-20日本代表 0-0 U-20イタリア代表]

 U-20日本代表は勝って首位通過を目指したが、イタリアの思惑通りドロー決着となった。試合後、DF菅原由勢(名古屋)は「(イタリアは)引き分け狙いでしたね(笑)でも強かに1点は狙ってる。イタリア特有のウノゼロ狙ってきているなあという」と感触を語った。

 日本は序盤にチャンスをつくり、前半9分、ロングフィードに走り込んだFW田川亨介(FC東京)がPKを獲得したが、キッカーのMF伊藤洋輝(名古屋)が失敗。田川は前半20分にもトップスピードで背後に抜け出す絶好機を迎えたが、このプレーで負傷交代。チャンスを生かせず、チームは無得点に終わった。影山雅永監督は「そう甘くなかったですね」と振り返った。

 すでに16強進出を決めていたイタリアはターンオーバーを図り、3-5-2の基本布陣ではなく、スタートは4-3-3を採用した。途中で布陣を変え、交代カードを切っても、相手は要所でカウンターを狙い、リスクをおかさずに試合を運んだ。

「スタートはあの布陣から思うに、そして試合が終わってからのあの喜び方から察するに、1位で抜けたい、けれども決勝トーナメントに出られなくなるような選手は作りたくない。というのを両取りするための策だったのではないかと思います」(影山監督)

 相手の狙い通り引き分けに終わったとはいえ、影山ジャパンは無敗でノックアウトステージ進出を決めることができた。日本は出場した過去9大会で4回その壁を破っているが、前回大会は16強で敗退した。A代表、アンダー代表もW杯でぶつかってきた「16強の壁」。“00ジャパン”は2017年秋のU-17W杯決勝トーナメント1回戦で0-0、PK3-5で惜しくもイングランドに屈した。

 対戦相手は韓国か、ポーランドか。「イングランド来いって感じでしたけどね。叩きのめしてやろうと思ってました」と笑った菅原は「長年越えられない壁。今の僕たちにはそれを越えられる自信があるし、実力もあります」と力強く話した。

 U-17W杯は2強2弱のグループだったが、今大会は強敵3チームから勝ち点を積み上げての突破。FW中村敬斗(G大阪)は「今回はグループリーグから強かった。強い相手と対戦して手応えを感じている。気負わず、いつも通りパフォーマンスしたい」と力を込めた。

 

(取材・文 佐藤亜希子)