比嘉真美子は公式会見で笑顔(撮影:ALBA)

写真拡大

<全米女子オープン 初日◇30日◇CCオブ・チャールストン(米国サウスカロライナ州)◇6515ヤード・パー71>
世界最強決定戦の「全米女子オープン」が開幕。初日の午前スタートとなった比嘉真美子が6バーディのラウンドで、ホールアウト時点で単独トップに立っている。
飛んで曲がらない比嘉真美子のドライバースイング【連続写真】
1番からスタートした比嘉は3番から3連続バーディを奪うと9番のパー5でも3打目を1メートルに寄せてバーディ。後半に入ると10番でも6メートルを沈めると17番のパー3ではピン奥4メートルのパットを決めて6アンダーでフィニッシュした。
比嘉と同組でラウンドした成田美寿々が4バーディ・2ボギーの2アンダー、暫定5位タイの好位置につけている。
同じく同組の畑岡奈紗は1イーグル・3ボギーの1オーバーとやや出遅れ。午後スタートの勝みなみは出だしの10番をバーディとしてコースに飛び出した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>