フル出場したDF東俊希(広島)

写真拡大

[5.29 U-20W杯グループB第3節 U-20日本代表 0-0 U-20イタリア代表]

 U-20日本代表はグループリーグ3試合無敗で16強進出を決めた。自身初となる世界大会の舞台に立ったDF東俊希(広島)は初戦のエクアドル戦に続き、イタリア戦が2試合目の先発フル出場。「全く通用しないというより、やれると感じる。チームとして2位で突破できましたし、日本も個人としてもやれる実感はある」と力強く語った。

 日本は勝利を目指したが、すでに決勝トーナメント進出を決めていた首位イタリアは引き分けを狙ってターンオーバーを敢行し、予選2試合とは違う4-3-3でスタート。途中で中盤ダイヤモンド型の4-4-2に変えても、交代カードを切っても、攻撃のリスクはおかさず、相手の思惑通りスコアレスでタイムアップとなった。

「0-0だったけど日本は粘り強さだったり、体力は海外のチームよりもあると思っている。点が取れなくても失点しなければチームワークで戦えると思う」。グループリーグ3試合で失点はオウンゴールの1点のみ。守備陣は決勝トーナメントにつながる手応えを得たはずだ。

 代表チームでは左サイドバックが主戦場とあって守備意識を高く持っているが、イタリア戦は自慢の左足で攻撃のチャンスも演出した。前半9分には東のロングボールで抜け出したFW田川亨介(FC東京)がPKを獲得。その後も高い位置を取ってクロスとパスを配給し、果敢にミドルシュートも狙った。

 チームの主力だった名手がメンバーを外れた影響もあり、今大会はプレースキッカーを務める。後半15分にはPA右角付近、絶好の位置で得たFKを直接狙う場面もあった。「キッカーを務めているので責任がある。セットプレーが多くあった中で1点も取れなかったのは悔しい」。そうした自覚を高めて臨むノックアウトステージ。この先の戦いはレフティーのさらなる活躍が期待される。

 (取材・文 佐藤亜希子)